翌日 閉じる
17:30
KTNプライムニュース
18:00
ちびまる子ちゃん
18:30
サザエさん
19:00
ジャンクSPORTS
19:57
ニチファミ! ニッポングルメ番付18春
21:54
匠の蔵
22:00
Mr.サンデー
23:15
S-PARK
24:30
Love music
25:25
つきあってKTN
25:30
ミッドナイト・サンデー 出川哲朗とバリバリウーマン!~出川でもいいから聞いてほしい禁断のアノ話~
26:25
深夜ショッピング情報 
26:55
天気予報
  • RT @rnrn_h: 舞台『火星の二人』を観劇。 心に沁み入る物語でした。竹中さんと生瀬さんの絶妙な掛け合いにも爆笑。おかしみや哀しさ、揺れ動く人間の機微を共有できるというのは舞台の醍醐味なのでしょうか。とても素敵な作品でした。 東京は4/25まで。シアタークリエで公演中です…
  • V・ファーレン長崎⚽️柏レイソル戦。 この後16時キックオフです‼️ . . スタジアムには、長崎ペンギン水族館から可愛いペンギンが🐧(いい写真が撮れませんでした…) そして、マスコットキャラク… https://t.co/hZ04gS7uGx
  • RT @boken_nagasaki: 刈水庵での素敵なエピソード。 近所の子ども達が宿題しに来ることもあるんですって! #冒険する長崎 https://t.co/VHPkd75OJE
  • RT @boken_nagasaki: 南島原はイルカウォッチングのほか、初夏には世界に3箇所でしか見られない「リソサムニューム」も見ることができるんですよ~! #冒険する長崎 https://t.co/b1MaNgBV9m
  • RT @fujitv: 🌙夜11時55分~放送📺 『いつまでも白い羽根 #03』🏥 瑠美(新川優愛)は千田(笹野高史)という口が悪くかんしゃく持ちの患者を担当することになり、悪戦苦闘。一方、拓海(清原翔)への恋心は思わぬ形で裏切られることに…。 https://t.co/8…
  • Twitter
  • facebook
  • google+

第516回番組審議会 2017年4月12日 No.196

第516回番組審議会は、平成29年4月12日にテレビ長崎で開催され、下記番組について審議。

「凪に輝く」
放送日時 平成29年3月30日(木)25時05分~25時35分放送

出席委員 (順不同・敬称略)

菊森 淳文
田崎 智博
進藤 卓也
柴田 守
園田 郁子
石川 由香里
大川 綾
近久 宏志

以上 8名

放送事業者側の出席は 9名

審議の冒頭、報道制作局長の松本祐明は『地域おこしの試みは全国で取り組まれている。そんなどこにでもある題材をどのように描いていくのかに(番組Pとして)興味をもった。取材をはじめると、当初の想定と違う展開もあったが、その都度、ディレクターと取材視点を話し合いながら作り上げた。県外からの地域おこし隊である主人公をベースに、外からやってきた若い世代がどのように地元と融合していくのかに視点をむけながら、東彼杵町で行われている街づくり町おこしを描いていった。』と話し、番組ディレクターの平野雄宇は『外からの視点を大事にしている主人公が、その試みを、地元の皆さんとどのような形でやっていくのか、やっていけるのかを描きたいと思い、取材制作した。感動的な要素がない、情緒的ではないドキュメンタリーになったが、それはディレクターとして、最初から織り込み済み。「凪に輝く」というタイトルについては、<大村湾の穏やかな海、常に凪いでいる海・・・そんな海に面した穏やかな風景、凪いでいる風景の街でいかに輝くのか。><すでに街にあるものを輝かせるのか、外から来た人の考え方を利用して輝やいていくのか・・・地方の街の輝き方>を意識してつけた。』と話した。

審議の概要(委員からの主な意見)

「凪に輝く」(平成29年3月30日(木)放送)について
・タイトルと内容がしっくりこない。もう少し、タイトルに関連した場面があってもよかった。
・魅力的な主人公のアイデア溢れる町おこしに焦点をあてたかったのか、地域おこし協力隊という制度に焦点をあてたかったのかがわからなかった。
・今回の主人公を通して、地域おこし協力隊という制度が、地方の街に与える影響などの問題提起をしてほしかった。
・東彼杵町の風景の美しさが充分に伝わってきた。
・こういった地元の人々が、これから街を活性化していくのかと思い、これからの東彼杵町の輝きを楽しみにしたいと感じた。
・大村湾がすごく美しかった。それと連動するタイトルが素敵である。
・主人公に焦点をあてているのか、東彼杵町の再生・活性化がテーマなのか、見ていてわかりにくい。ひとつの事例として紹介するときに何を訴えたかったのか、もっと明確にすべき。
・ドキュメンタリーをつくる制作期間をどう考えていくのか。東彼杵町が今後どうなっていくのかということが重要。その後まで描くのがドキュメンタリーでは。
・地域おこし協力隊の制度説明がテロップなどであったほうが親切だった。
・町に焦点をあてたということであれば、ぜひ継続取材をして、応援してほしい。
・シンプルな言葉と聞き取りやすさ。ナレーションが非常に良かった。
・街の人々が、あんな風に変わった「千綿駅」を実際にどのように思っているのか知りたかった。主人公の取り組みに対する、街の皆さんの評価も同様。
・同様な取り組みをしている自治体に示唆を与える番組。
・結果だけではなく過程を見せてくれるのがテレビ。町外から移ってきてカフェを開くまでの、(地元の皆さんの)驚き、摩擦、衝突、努力などの部分を見たかった。また、町を離れることがわかった後の皆さんの反応も同様。全体として、少し消化不良。
・短い時間にこれだけの内容を盛り込んだ点は評価できる。
・風景の美しさ・明確な背景・転機をもった主人公…素材の良さが目立った。
KTN番組審議会事務局 095-827-8183
このページを話題にする
  • 【スライドバナー】私学キラリ2017
  • 【スライドバナー】KTN ウェブちゃん。
  • 【スライドバナー】Dr.長崎
  • 【スライドバナー】長崎県産品通販サイト どっと思案市
  • 【スライドバナー】モア★ゴル
  • 【スライドバナー】who”s ななほ
  • 【スライドバナー】長崎弁かるた

おすすめコンテンツ

PAGE TOP