お産〜助産師と波のり赤ちゃん〜
お産〜助産師と波のり赤ちゃん〜

長崎市さくらの里にある「プロジェクトマム・さくらの里助産院」。
開業助産師・野間田真紀子さんが、妊娠から出産、育児までお母さんと赤ちゃんとじっくり向き合いたいという思いから、3年前に開きました。
お産〜助産師と波のり赤ちゃん〜
助産院には医師はおらず、助産師がお産を手助けします。 県内ではここだけ。昭和20年代までは普通に見られた光景です。

医療訴訟や労働環境の悪化などで産婦人科医の不足が深刻になる中、今クローズアップされているのが「助産師」。 女性に寄り添い、お産だけでなく女性の一生に深く関わることができる助産師の必要性は高まっていますが、助産師もいま足りません。

そこで長崎市医師会は去年春、助産師を養成する助産学科を新設し、この春一期生20人が晴れて助産師としてのスタートを切りました。 助産院でのお産や学生たちのお産の実習を通して、助産師が果たす役割や、命の大切さ、そしてお産の現場のいまをみつめます。
放送日時:2009年5月29日(金)午後7:00から
★担当ディレクターから一言★
思春期から妊娠・出産・育児・更年期と女性の一生を サポートしてくれるのが助産師。何かあったら気軽に相談できる人です。 難しく考えず「人がうまれるっていいな」と感じてもらえたら嬉しいです。 (アナウンサー 長岡千夏)

TOP