ピックアップ番組

ホーム番組情報ピックアップ番組伝えたいナガサキ ~被爆76年 被爆者とともに~

伝えたいナガサキ ~被爆76年 被爆者とともに~

2021年8月9日(月) 午前9時55分~

被爆76年。被爆者の悲願であった核兵器禁止条約が発効し、世界は核兵器廃絶に向けて大きな一歩を踏み出しましたが、被爆者は高齢化し、活動の継続は深刻な状況にあります。
その一方で、収束が見えないコロナ禍の中、「あの日の記憶」をつないでいく新たな取り組みが始まっています。

伝えたいナガサキ ~被爆 76 年 被爆者とともに~

岡 信子 さんが伝えたいこと

平和祈念式典で「平和への誓い」を読み上げる岡 信子さんは歴代最高齢の92歳。被爆したのは16歳のときでした。看護専門学校の学生だった岡さんは必死でけが人を手当てしました。これまで自分の被爆体験を語ってこなかった岡さんが今、伝えたい ・・ と立ち上がったその理由とは。

伝えたいナガサキ ~被爆 76 年 被爆者とともに~

岡 信子 さんが伝えたいこと

平和祈念式典で「平和への誓い」を読み上げる岡 信子さんは歴代最高齢の92歳。被爆したのは16歳のときでした。看護専門学校の学生だった岡さんは必死でけが人を手当てしました。これまで自分の被爆体験を語ってこなかった岡さんが今、伝えたい ・・ と立ち上がったその理由とは。

伝えたいナガサキ ~被爆 76 年 被爆者とともに~

被爆者5団体の現状

長崎の被爆者5団体は核兵器廃絶や被爆者援護を広く訴え続けてきました。
しかし、それぞれの団体は今、厳しい運営を強いられています。
会員数の減少や高齢化は活動の幅を狭め、コロナ禍で継承の機会をも失いました。
日々の生活、病気、介護。被爆者もまた一人の高齢者です。
活動との両立は一層困難になっています。

伝えたいナガサキ ~被爆 76 年 被爆者とともに~

被爆者5団体の現状

長崎の被爆者5団体は核兵器廃絶や被爆者援護を広く訴え続けてきました。
しかし、それぞれの団体は今、厳しい運営を強いられています。
会員数の減少や高齢化は活動の幅を狭め、コロナ禍で継承の機会をも失いました。
日々の生活、病気、介護。被爆者もまた一人の高齢者です。
活動との両立は一層困難になっています。

平和宣言文

長 崎 平 和 宣 言

 今年、一人のカトリック修道士が亡くなりました。「アウシュビッツの聖者」と呼ばれたコルベ神父を生涯慕い続けた小崎登明さん。93歳でその生涯を閉じる直前まで被爆体験を語り続けた彼は、手記にこう書き残しました。

世界の各国が、こぞって、核兵器を完全に『廃絶』しなければ、地球に平和は来ない。
核兵器は、普通のバクダンでは無いのだ。放射能が持つ恐怖は、体験した者でなければ分からない。このバクダンで、沢山の人が、親が、子が、愛する人が殺されたのだ。
このバクダンを二度と、繰り返させないためには、『ダメだ、ダメだ』と言い続ける。
核廃絶を叫び続ける。
原爆の地獄を生き延びた私たちは、核兵器の無い平和を確認してから、死にたい。

 小崎さんが求め続けた「核兵器の無い平和」は、今なお実現してはいません。でも、その願いは一つの条約となって実を結びました。

 人類が核兵器の惨禍を体験してから76年目の今年、私たちは、核兵器をめぐる新しい地平に立っています。今年1月、人類史上初めて「全面的に核兵器は違法」と明記した国際法、核兵器禁止条約が発効したのです。
 この生まれたての条約を世界の共通ルールに育て、核兵器のない世界を実現していくためのプロセスがこれから始まります。来年開催予定の第1回締約国会議は、その出発点となります。
 一方で、核兵器による危険性はますます高まっています。核不拡散条約(NPT)で核軍縮の義務を負っているはずの核保有国は、英国が核弾頭数の増加を公然と発表するなど、核兵器への依存を強めています。また、核兵器を高性能のものに置き換えたり、新しいタイプの核兵器を開発したりする競争も進めています。
 この相反する二つの動きを、核兵器のない世界に続く一つの道にするためには、各国の指導者たちの核軍縮への意志と、対話による信頼醸成、そしてそれを後押しする市民社会の声が必要です。

 日本政府と国会議員に訴えます。
 核兵器による惨禍を最もよく知るわが国だからこそ、第1回締約国会議にオブザーバーとして参加し、核兵器禁止条約を育てるための道を探ってください。日本政府は、条約に記された核実験などの被害者への援助について、どの国よりも貢献できるはずです。そして、一日も早く核兵器禁止条約に署名し、批准することを求めます。
 「戦争をしない」という日本国憲法の平和の理念を堅持するとともに、核兵器のない世界に向かう一つの道として、「核の傘」ではなく「非核の傘」となる北東アジア非核兵器地帯構想について検討を始めてください。
 核保有国と核の傘の下にいる国々のリーダーに訴えます。
 国を守るために核兵器は必要だとする「核抑止」の考え方のもとで、世界はむしろ危険性を増している、という現実を直視すべきです。次のNPT再検討会議で世界の核軍縮を実質的に進展させること、そのためにも、まず米ロがさらなる核兵器削減へ踏み出すことを求めます。

 地球に住むすべての皆さん。
 私たちはコロナ禍によって、当たり前だと思っていた日常が世界規模で失われてしまうという体験をしました。そして、危機を乗り越えるためには、一人ひとりが当事者として考え、行動する必要があることを学びました。今、私たちはパンデミック収束後に元に戻るのではなく、元よりもいい未来を築くためにどうすればいいのか、という問いを共有しています。
 核兵器についても同じです。私たち人類はこれからも、地球を汚染し、人類を破滅させる核兵器を持ち続ける未来を選ぶのでしょうか。脱炭素化やSDGsの動きと同じように、核兵器がもたらす危険についても一人ひとりが声を挙げ、世界を変えるべき時がきているのではないでしょうか。
 「長崎を最後の被爆地に」
 この言葉を、長崎から世界中の皆さんに届けます。広島が「最初の被爆地」という事実によって永遠に歴史に記されるとすれば、長崎が「最後の被爆地」として歴史に刻まれ続けるかどうかは、私たちがつくっていく未来によって決まります。この言葉に込められているのは、「世界中の誰にも、二度と、同じ体験をさせない」という被爆者の変わらぬ決意であり、核兵器禁止条約に込められた明確な目標であり、私たち一人ひとりが持ち続けるべき希望なのです。
 この言葉を世界の皆さんと共有し、今年から始まる被爆100年に向けた次の25年を、核兵器のない世界に向かう確かな道にしていきましょう。
 長崎は、被爆者の声を直接聞ける最後の世代である若い皆さんとも力を合わせて、忘れてはならない76年前の事実を伝え続けます。

 被爆者の平均年齢は83歳を超えています。日本政府には、被爆者援護のさらなる充実と、被爆体験者の救済を求めます。
 東日本大震災から10年が経過しました。私たちは福島で起こったことを忘れません。今も続くさまざまな困難に立ち向かう福島の皆さんに心からのエールを送ります。
 原子爆弾によって亡くなられた方々に哀悼の意を捧げ、長崎は、広島をはじめ平和を希求するすべての人々とともに「平和の文化」を世界中に広め、核兵器廃絶と恒久平和の実現に力を尽くしていくことを、ここに宣言します。

 2021年(令和3年)8月9日

長崎市長  田上 富久

English

Nagasaki Peace Declaration

This year saw the passing of a Catholic monk. OZAKI Toumei spent his whole life following in the footsteps of Father Maximilian Kolbe, the man who was called the "Saint of Auschwitz." Brother Ozaki spoke out about his experiences in the atomic bombing up until just before his life came to a close at the age of ninety-three. In his diary he left behind these words:

The countries of the world, all of them, must completely abolish nuclear weapons or there will be no peace on earth. Nuclear weapons are not conventional bombs. Only those who experienced the atomic bombings can understand the terror inherent in radiation. Parents, children, loved ones and many others were killed by these bombs. In order to see that they are not used again I keep saying, "This is wrong! This is wrong!" I keep screaming for the abolition of nuclear weapons. Those of us who survived the hell of the atomic bombings want to make sure that we have peace without nuclear weapons before we die.

The "peace without nuclear weapons" that Brother Ozaki continued to call for has not as yet been realized. However, the wish he had has borne fruit in the form of a certain treaty.

This year marks the 76th year since humankind experienced the tragedy of the atomic bombings and we are now standing on a new horizon with regard to nuclear weapons. When the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons came into force this January, it was the first time in human history that there had been an international law clearly stating that nuclear weapons are unequivocally illegal.

The process to make this newly-established treaty grow into a universal rule for the world and realize a world free of nuclear weapons will now begin. The point of departure will be the first meeting of state parties to the treaty, which will be held next year.

Conversely, however, the danger of nuclear weapons continues to grow. While the nuclear-armed nations have a responsibility to uphold the Nuclear Non-Proliferation Treaty (NPT) and reduce nuclear weapons, moves such as the public announcement by the UK about increasing the number of nuclear warheads in that country show that dependence on such weapons is actually increasing. Furthermore, the competition to replace existing nuclear weapons with more sophisticated weapons and develop new types of nuclear weapons increases.

In order to follow a single path toward a world free of nuclear weapons amidst these two conflicting movements, world leaders must commit to nuclear arms reductions and build trust through dialogue, and civil society must push them in this direction.

I hereby appeal to the Government of Japan and members of the National Diet:

As the country that is most aware of the tragic consequences of nuclear weapons, please join as an observer to the first meeting of state parties to the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons in order to look into ways to develop this treaty. With regard to the stipulation in the treaty to provide assistance to victims of the use or testing of nuclear weapons, surely this is an area where Japan and its government can contribute more than any other country. In addition,please sign the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons and see to its ratification at the earliest possible date.

While adhering to the war-renouncing principle of peace in the Japanese Constitution, please look into building a nuclear-weapon-free zone in Northeast Asia that would create a "non-nuclear umbrella" instead of a "nuclear umbrella" and be a step in the direction of a world free of nuclear weapons.

I hereby appeal to the leaders of nuclear-armed nations and countries under their nuclear umbrellas:

You must face the reality that thinking of nuclear weapons as necessary to defend your countries under "nuclear deterrence" actually makes the world a more dangerous place. I ask you to see that substantial progress towards nuclear disarmament is made at the next NPT Review Conference, starting with greater steps by the U.S. and Russia to reduce nuclear weapons.

To everyone living on this earth:

Due to the coronavirus pandemic, we have experienced on a global scale the loss of everyday aspects of our lives that we previously took for granted. We have learned that in order to overcome this crisis it is necessary for each and every one of us to think of ourselves as concerned parties and act appropriately. Now we all ponder together the question of how we can build an even better future when the pandemic is over instead of just returning to the way things were before.

It is the same with nuclear weapons. Are we members of the human race going to choose a future in which we continue to maintain nuclear weapons that will pollute the earth and doom humanity? Hasn't the time come for us to raise our individual voices, as is being done in the movements for decarbonization and sustainable development goals, and speak out against the dangers inherent in nuclear weapons in order to bring about change in the world?

May Nagasaki be the last place to suffer an atomic bombing.

These words are sent from Nagasaki to people all over the world. Hiroshima will eternally be remembered in history as the first place to suffer an atomic bombing, but whether Nagasaki continues to take its place in history as the last place to suffer an atomic bombing depends on the future we build for ourselves. The unchanging resolve of the hibakusha to see that "no one in the world ever goes through that experience again" is expressed in these words, as is the goal clearly stated in the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons. It is a hope that each and every one of us should continue to hold onto.

Let us share these words with the people of the world and follow a clear path towards a nuclear-free world over the twenty-five-year period that begins this year and brings us to the one-hundredth anniversary of the atomic bombings.

While joining forces with young people of the last generation to directly hear the voices of the hibakusha, Nagasaki will continue to communicate the truth about what happened seventy-six years ago; facts that must never be forgotten.

The average age of the hibakusha is now over eighty-three. I ask that the Government of Japan provide improved support for the hibakusha and relief measures for those who experienced the atomic bombings but have not yet received official recognition as bombing survivors.

Ten years have now passed since the Great East Japan Earthquake and its aftermath. We will not forget what happened in Fukushima. We extend from the bottom of our hearts a call of encouragement to all those in Fukushima who continue to face a variety of hardships.

While extending our deepest condolences to those who lost their lives to the atomic bombs, I hereby declare that Nagasaki will work tirelessly alongside Hiroshima and all people who desire peace to spread a "culture of peace" around the world and bring about the abolishment of nuclear weapons and the realization of eternal peace.

TAUE Tomihisa
Mayor of Nagasaki
August 9, 2021

トップへ