ピックアップ番組

ホーム番組情報ピックアップ番組伝えたいナガサキ ~被爆77年 核兵器のない世界へ~

伝えたいナガサキ ~被爆77年 核兵器のない世界へ~

2022年8月9日(火) 午前9時55分~

1945年8月9日午前11時2分。長崎に投下された1発の原子爆弾は、約7万4千人の命を奪った。 被爆者たちは今もなお、心と身体を蝕まれている。 さらに高齢化の波は容赦なく押し寄せ、被爆の実相を語ることができる人は確実に少なくなっている。 核兵器をめぐる世界情勢はこの1年で大きく変わった。 ロシアによるウクライナ侵攻では核兵器が脅しに使われた。 「長崎を最後の被爆地に」と訴え続けてきた被爆者たちは、核兵器が再び使用されるかもしれないと怒り、そして無力感を抱いている。

一方で、明るい兆しもある。 6月にはオーストリアで核兵器禁止条約の初めての締約国会議が開かれた。 「平和への誓い」を読み上げる被爆者の宮田隆さん(82)が、現地を訪れ感じたこととは。

番組にはノーベル平和賞を受賞したICAN核兵器廃絶国際キャンペーンの川崎哲さんが、核軍縮の道筋を探るNTP再検討会議開催中のアメリカからオンライン出演。

世界で今議論されていることは何か。 このほか、平和祈念式典の模様を生中継。

title

今年6月にオーストリアのウィーンで開かれた、核兵器禁止条約の締約国会議。
核兵器廃絶に向けた行動を促す「ウィーン宣言」を採択し、閉幕した。会議には唯一の戦争被爆国である日本の姿はなかった。
一方で、高齢の身を押して長崎から現地を訪れた被爆者もいた。平和祈念式典で平和への誓いを読み上げる宮田隆さん(82)もその一人だ。「長崎の被爆者です、何か質問はありませんか」と書かれたゼッケンを着て、現地で様々な人と交流した宮田さん。被爆者の言葉の重みを改めて感じたという。
そして、宮田さんが次の世代に託したいメッセージとは。

title

今年6月にオーストリアのウィーンで開かれた、核兵器禁止条約の締約国会議。
核兵器廃絶に向けた行動を促す「ウィーン宣言」を採択し、閉幕した。会議には唯一の戦争被爆国である日本の姿はなかった。
一方で、高齢の身を押して長崎から現地を訪れた被爆者もいた。平和祈念式典で平和への誓いを読み上げる宮田隆さん(82)もその一人だ。「長崎の被爆者です、何か質問はありませんか」と書かれたゼッケンを着て、現地で様々な人と交流した宮田さん。被爆者の言葉の重みを改めて感じたという。
そして、宮田さんが次の世代に託したいメッセージとは。

title

被爆体験者は原爆投下時、国が定めた被爆地域の外にいたとして被爆者と認められていない。核兵器禁止条約では核の被害者の救済が大きなテーマとなる中、この1年で被爆体験者の周囲では大きな動きがあった。国は去年7月の広島高裁「黒い雨」判決を受け、広島を救済。しかし長崎は対象外となった。
被爆体験者の岩永千代子さん(86)は「被爆者と認めてほしい」と20年近くにわたり訴え続けてきた。
「自分の病気が原爆の影響だったと明らかにしたい」その思いに迫る。

title

被爆体験者は原爆投下時、国が定めた被爆地域の外にいたとして被爆者と認められていない。核兵器禁止条約では核の被害者の救済が大きなテーマとなる中、この1年で被爆体験者の周囲では大きな動きがあった。国は去年7月の広島高裁「黒い雨」判決を受け、広島を救済。しかし長崎は対象外となった。
被爆体験者の岩永千代子さん(86)は「被爆者と認めてほしい」と20年近くにわたり訴え続けてきた。
「自分の病気が原爆の影響だったと明らかにしたい」その思いに迫る。

平和宣言文

長 崎 平 和 宣 言

核兵器廃絶を目指す原水爆禁止世界大会が初めて長崎で開かれたのは1956年。このまちに15万人もの死傷者をもたらした原子爆弾の投下から11年後のことです。
被爆者の渡辺千恵子さんが会場に入ると、カメラマンたちが一斉にフラッシュを焚きました。学徒動員先の工場で16歳の時に被爆し、崩れ落ちた鉄骨の下敷きになって以来、下半身不随の渡辺さんがお母さんに抱きかかえられて入ってきたからです。すると、会場から「写真に撮るのはやめろ!」「見世物じゃないぞ!」という声が発せられ、その場は騒然となりました。
その後、演壇に上がった渡辺さんは、澄んだ声でこう言いました。
「世界の皆さん、どうぞ私を写してください。そして、二度と私をつくらないでください」。
核保有国のリーダーの皆さん。この言葉に込められた魂の叫びが聴こえますか。「どんなことがあっても、核兵器を使ってはならない!」と全身全霊で訴える叫びが。

今年1月、アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国の核保有5か国首脳は「核戦争に勝者はいない。決して戦ってはならない」という共同声明を世界に発信しました。しかし、その翌月にはロシアがウクライナに侵攻。核兵器による威嚇を行い、世界に戦慄を走らせました。
この出来事は、核兵器の使用が"杞憂"ではなく"今ここにある危機"であることを世界に示しました。世界に核兵器がある限り、人間の誤った判断や、機械の誤作動、テロ行為などによって核兵器が使われてしまうリスクに、私たち人類は常に直面しているという現実を突き付けたのです。
核兵器によって国を守ろうという考え方の下で、核兵器に依存する国が増え、世界はますます危険になっています。持っていても使われることはないだろうというのは、幻想であり期待に過ぎません。「存在する限りは使われる」。核兵器をなくすことが、地球と人類の未来を守るための唯一の現実的な道だということを、今こそ私たちは認識しなければなりません。

今年、核兵器をなくすための2つの重要な会議が続きます。
6月にウィーンで開かれた核兵器禁止条約の第1回締約国会議では、条約に反対の立場のオブザーバー国も含めた率直で冷静な議論が行われ、核兵器のない世界実現への強い意志を示すウィーン宣言と具体的な行動計画が採択されました。また、核兵器禁止条約と核不拡散条約(NPT)は互いに補完するものと明確に再確認されました。
そして今、ニューヨークの国連本部では、NPT再検討会議が開かれています。この50年余り、NPTは、核兵器を持つ国が増えることを防ぎ、核軍縮を進める条約として、大きな期待と役割を担ってきました。しかし条約や会議で決めたことが実行されず、NPT体制そのものへの信頼が大きく揺らいでいます。
核保有国はこの条約によって特別な責任を負っています。ウクライナを巡る対立を乗り越えて、NPTの中で約束してきたことを再確認し、核軍縮の具体的プロセスを示すことを求めます。
日本政府と国会議員に訴えます。
「戦争をしない」と決意した憲法を持つ国として、国際社会の中で、平時からの平和外交を展開するリーダーシップを発揮してください。
非核三原則を持つ国として、「核共有」など核への依存を強める方向ではなく、「北東アジア非核兵器地帯」構想のように核に頼らない方向へ進む議論をこそ、先導してください。
そして唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約に署名、批准し、核兵器のない世界を実現する推進力となることを求めます。

世界の皆さん。戦争の現実がテレビやソーシャルメディアを通じて、毎日、目に耳に入ってきます。戦火の下で、多くの人の日常が、いのちが奪われています。広島で、長崎で原子爆弾が使われたのも、戦争があったからでした。戦争はいつも私たち市民社会に暮らす人間を苦しめます。だからこそ、私たち自らが「戦争はダメだ」と声を上げることが大事です。
私たちの市民社会は、戦争の温床にも、平和の礎にもなり得ます。不信感を広め、恐怖心をあおり、暴力で解決しようとする"戦争の文化"ではなく、信頼を広め、他者を尊重し、話し合いで解決しようとする"平和の文化"を、市民社会の中にたゆむことなく根づかせていきましょう。高校生平和大使たちの合言葉「微力だけど無力じゃない」を、平和を求める私たち一人ひとりの合言葉にしていきましょう。
長崎は、若い世代とも力を合わせて、"平和の文化"を育む活動に挑戦していきます。

被爆者の平均年齢は84歳を超えました。日本政府には、被爆者援護のさらなる充実と被爆体験者の救済を急ぐよう求めます。
原子爆弾により亡くなられた方々に心から哀悼の意を表します。
長崎は広島、沖縄、そして放射能の被害を受けた福島とつながり、平和を築く力になろうとする世界の人々との連帯を広げながら、「長崎を最後の被爆地に」の思いのもと、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に力を尽くし続けることをここに宣言します。

2022年(令和4年)8月9日

長崎市長  田上 富久

English

Nagasaki Peace Declaration

The first time that the World Conference against A and H Bombs, which aims for the abolition of nuclear weapons, was held here in Nagasaki, was the year 1956, eleven years after the atomic bomb that caused the death and injury of 150,000 people was dropped on the city.

Once WATANABE Chieko, one of the hibakusha, entered the venue, there was an instant shower of camera flashes. This was because Ms. Watanabe was being carried in the arms of her mother when she arrived. She was exposed to the atomic bombing at a factory where she had been working as a 16-year-old mobilized student and became paralyzed from the waist down after being crushed under collapsed metal beams. Upon her arrival, voices from those assembled could be heard saying "Stop photographing her!" "She's not some kind of showpiece!" and the venue fell into a state of commotion.

Having reached the speaker's podium, Ms. Watanabe said in a clear voice: "People of the world, please take photographs. And then ensure that nobody like me is ever made again." Leaders of the nuclear states, can you hear the cry of her soul within these words? A cry demanding with all her heart and soul that "No matter what, nuclear weapons must not be used!"

In January this year the leaders of the United States, Russia, the United Kingdom, France and China released a joint statement affirming that "a nuclear war cannot be won and must never be fought." However, the very next month Russia invaded Ukraine. Threats of using nuclear weapons have been made, sending shivers throughout the globe.
This has shown the world that the use of nuclear weapons is not a "groundless fear" but a "tangible and present crisis." It has made us confront the reality that, as long as there are nuclear weapons in the world, humankind constantly faces the risk that nuclear weapons might be used due to mistaken human judgments, mechanical malfunctions or in acts of terrorism.

Under the notion of trying to protect nations with nuclear weapons, the number of nations dependent upon them increases and the world becomes a more and more dangerous place. The belief that even though nuclear weapons are possessed they probably will not be used is a fantasy, nothing more than a mere hope. "They exist, so they can be used." We must recognize that ridding ourselves of nuclear weapons is the only realistic way of protecting the Earth and humankind's future at this very moment.

Two important meetings for the abolition of nuclear weapons continue this year.
In June, at the First Meeting of States Parties to the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons (TPNW) held in Vienna, a frank and sober debate unfolded that included observer nations with a stance of opposing the Treaty, and both the draft declaration adopted at the meeting, which expresses the strong will to achieve a world free of nuclear weapons, and a specific Action Plan were adopted. Furthermore, the TPNW and the Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons (NPT) were clearly reconfirmed as mutually complementing each other.

Currently, the Review Conference of the Parties to the Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons is taking place at the United Nations headquarters in New York. Over the past 50 or so years the NPT has, as a treaty that prevents the number of nuclear states from increasing and promotes nuclear disarmament, shouldered great expectations and roles. However, the Treaty and the decisions made at meetings have not been put into practice, and trust in the Treaty itself has become tenuous.
The nuclear states hold a particular responsibility due to the NPT. It is required that the polarizing nature of the Ukraine conflict is overcome, the promises made in the NPT are reaffirmed, and a concrete process for nuclear arms reductions is shown.

I hereby appeal to the Government of Japan and members of the National Diet:
As a nation with a constitution that renounces war, Japan must exercise leadership in pursuing peace diplomacy within international society, especially during times of peace.
As a nation possessing the Three Non-Nuclear Principles, instead of moving towards "nuclear sharing" or other forms of dependency on nuclear weapons, please lead the way in debate that will achieve progress in the direction of non-nuclear dependency such as promoting discussions on the Northeast Asia Nuclear-Weapon-Free Zone concept.
Furthermore, as the only nation to have suffered wartime atomic bombings, I request the Government of Japan to sign and ratify the TPNW, and become a propellant force in the achievement of a world free of nuclear weapons.

People of the world, every day we see and hear the reality of war through the television and social media. The daily lives of many people are being devoured by the fires of war. The use of atomic bombs on both Hiroshima and Nagasaki was due to war. War always causes suffering for us, the ordinary people living in civil society. And that is precisely why it is so important that we raise our voices and say "war is no good."

Our civil society can become either a keystone to peace or a hotbed of war. Instead of a "culture of war" that spreads distrust, fans terror and seeks to resolve matters through violence, let us make untiring efforts to ingrain in civil society a "culture of peace" that spreads trust, respects others and seeks resolutions through dialogue. Let each and every one of us who demands peace adopt the slogan of the Hiroshima Nagasaki Peace Messengers: "Our strength may be modest, but we're not powerless."
Nagasaki will, in conjunction with the power of young people, continue to involve itself in activities to foster a "culture of peace."

The average age of the hibakusha has now reached over 84. I ask that the Government of Japan provide, as a matter of urgency, improved support for the hibakusha and relief measures for those who experienced the atomic bombings but have not yet received official recognition as bombing survivors.

I express my heartfelt condolences to all those who lost their lives in the atomic bombings.

Resolved to make "Nagasaki be the last place to suffer an atomic bombing," I hereby declare that Nagasaki will continue to do the utmost to realize the abolition of nuclear weapons and everlasting world peace, as we work together with Hiroshima, Okinawa and Fukushima, a victim of radiation contamination, and expand our alliance with people around the world who are trying to help cultivate peace.

TAUE Tomihisa
Mayor of Nagasaki
August 9, 2022

トップへ