ホームニュース拳銃を個人ロッカーに保管…男性巡査長を訓戒処分【長崎県】

拳銃を個人ロッカーに保管…男性巡査長を訓戒処分【長崎県】

2021年06月11日 18:28

2021年2月、拳銃を個人のロッカーに保管していたとして、長崎県内の警察署に勤める男性巡査長が、訓戒処分を受けていたことが分かりました。

訓戒処分を受けたのは、離島の警察署に勤務する30代の男性巡査長です。

男性巡査長は2021年2月、勤務を終えたあと、拳銃を保管するためのロッカーに戻さず、個人のロッカーに保管して帰宅しました。

長崎県警は、男性巡査長が不適切な方法で拳銃を保管していたとして、5月、所属長訓戒処分としました。

長崎県警によりますと、長崎県内の警察署で拳銃を不適切な方法で保管した事例は過去3年間で6件ありました。

このうち4件は、個人のロッカーに保管していたということです。

長崎県警の監察課は「今後も基本的事項の遵守の指導を徹底し、再発防止に努める」とコメントしています。

この記事をシェアする
FNNプライムオンライン
FNNビデオPost
マルっと!
モッテレ
トップへ