ホームニュース衆院選に向け長崎1区の動きは?国民民主党の代表が長崎へ 一方、自民党も立候補予定者が街宣活動

衆院選に向け長崎1区の動きは?国民民主党の代表が長崎へ 一方、自民党も立候補予定者が街宣活動

2021年07月22日 19:42

秋までに行われる衆議院議員選挙に向け、長崎1区の立候補予定者が動き出しています。

国民民主党 玉木 雄一郎 代表 「長崎県民のみなさんの良識を示していただくことが、日本の政治のあり方を変えていくことにもつながるくらい、長崎1区の選挙はめちゃくちゃ重要になっていることを分かってほしい」

長崎市の平和公園には、国民民主党の玉木 雄一郎 代表が、西岡 秀子 議員の応援に駆け付けました。

午後からは、西岡 議員とともに、長崎市中心部で街宣活動を行いました。

西岡 秀子 衆議院議員 「小手先の対応に終始をした、この結果が緊急事態宣言下でオリンピックを開催しなければいけない事態を招いている」

西岡 議員は、現職としての実績をアピールして改めて支持を訴えました。

西岡 秀子 衆議院議員 「まず会って何を考えて何を訴えているのかを知ってもらうことが、まずはそれがスタートだと思う」

国民民主党 玉木 雄一郎 代表 「直接話を聞くと困っている人や気付かなかったことを教えてもらえるので、直接聞いて政策に反映させていくのが本来の代議士の仕事」

一方、自民党長崎県連が長崎1区から擁立する新人の初村 滝一郎 さん(41)も22日、長崎市中心部を回り、初めて街宣活動をしました。

初村 滝一郎 氏 「長崎の抱える問題、様々ありますが、私が考えている一丁目一番地、すぐにでも解決しなければいけない問題、やはり人口流出、人口減少の問題だと思います」

初村 さんは安倍 前総理大臣の秘書を17年間務めた経験と各省庁とのパイプなどを強調し、「即戦力」をアピールします。

冨岡 勉 衆議院議員の不出馬を受けて、1週間前に公募で選ばれたばかりですが、長崎県議会議員も脇を固め、一枚岩となって選挙戦を迎えたい考えです。

長崎1区には、ほかにも共産党の新人・安江 綾子 さんが立候補を予定していて、三つどもえの戦いとなる見込みです。

この記事をシェアする
FNNプライムオンライン
FNNビデオPost
マルっと!
モッテレ
トップへ