ホームニュース石木ダム本体工事に着手…長崎県の中村知事「円満解決へ努力」

石木ダム本体工事に着手…長崎県の中村知事「円満解決へ努力」

2021年09月09日 18:43

長崎県と佐世保市が東彼・川棚町に計画している石木ダムの本体工事に8日着手したことについて、中村 知事が取材に応じ住民との円満な解決を目指し努力すると述べました。

中村 法道 知事 「これ以上、工事自体を先延ばしすることは難しい状況にあるということで、今回、本体工事を含めて事業に着手をさせていただいたところであります」

石木ダム建設事業は、川棚川の水流の調節や佐世保市の水道水の確保のために、長崎県と佐世保市が1975年から進めてきました。

中村 法道 知事 「今後とも円満な解決が可能であるということであれば、ぜひそういった機会もいただけるように努力していかなければいけないと思っています」

予定地に暮らす13世帯が今も抗議活動を続けるなか、8日、長崎県がダムの本体工事を始めました。

住民は、長崎県の態度に「憤りを感じる」と話していて、今後も抗議を続ける構えです。

この記事をシェアする
FNNプライムオンライン
FNNビデオPost
マルっと!
モッテレ
トップへ