ホームニュース諫早市で天正遣欧少年使節 千々石ミゲルの可能性が高い遺骨を発見

諫早市で天正遣欧少年使節 千々石ミゲルの可能性が高い遺骨を発見

2021年09月12日 18:38

天正遣欧少年使節の1人、千々石ミゲルの可能性が高い遺骨が見つかりました。

遺骨が見つかったのは、諫早市多良見町の千々石ミゲルの墓とされてきた場所です。

子孫の 浅田 昌彦 さん(68)が立ち上げたプロジェクトの第4次発掘調査(8月~)で発見されました。

性別や死亡時の年齢など骨の鑑定を待つ必要があるものの、墓碑に記されていた名前や2017年の調査で、隣に妻とみられる女性の埋葬が確認されたことから、遺骨はミゲル本人の可能性が高いということです。

千々石ミゲルの子孫 浅田 昌彦 さん 「歴史を書き換えるような事実となれば、私にとっても 先祖への恩返しも含めて、地元の皆様への恩返しという意味でも大変うれしい」

9月15日まで埋葬品が無いかなどを調べます。

この記事をシェアする
FNNプライムオンライン
FNNビデオPost
マルっと!
モッテレ
トップへ