ホームニュース飲食店は通常営業へ まん延防止等重点措置 解除され最初の夜【長崎市】

飲食店は通常営業へ まん延防止等重点措置 解除され最初の夜【長崎市】

2021年09月14日 12:35

長崎市では、国のまん延防止等重点措置と長崎県の緊急事態宣言による飲食店などへの時短営業要請や酒類の提供自粛が12日、解除され、繁華街の飲食店では通常の営業が再開されました。

KTN記者 「まん延防止等重点措置が解除されて最初の夜です。思案橋横町、見てみると、人通りは多くない。歩いている人は、1人や2人と少人数です」

長崎市民 「3週間ぶり」

長崎市民 「(カラオケ店の客が)18人いた。普通は8人か9人いる。きょうは18人」

こちらの立ち飲みの飲食店も営業再開です。

株式会社LDC 代表取締役 「(時短営業要請が)また延びるのかと考えていたが、従業員も休んでいるのでメンタル的にこの先どうなるのか不安だったと思う。弱音を言わずに前向きにやっていくのがベスト」

各飲食店では出入り口を開放して換気に努めたり、密を避けるため客の数を制限するなど感染防止対策に気を配りながらの営業再開となったようでした。

この記事をシェアする
FNNプライムオンライン
FNNビデオPost
マルっと!
モッテレ
トップへ