ホームニュース福岡からの修学旅行生が龍踊を体験 コロナ感染者減で再開【長崎市】

福岡からの修学旅行生が龍踊を体験 コロナ感染者減で再開【長崎市】

2021年10月14日 20:40

新型コロナウイルスの感染者が全国的に減少傾向にある中、修学旅行に再開の動きが見られます。14日は福岡の小学生が長崎市を訪れ、龍踊体験をしました。

福岡市の日佐小学校の6年生約80人は1泊2日の日程で長崎市を訪れていて、14日は龍踊を体験します。

福岡市の学校では、緊急事態宣言が明けてから福岡県外への修学旅行に再開の動きがあるといいます。

2020年に長崎市を訪れた修学旅行生の数は12万5600人と、2019年と比べ50パーセント以上落ち込みました。龍踊体験を企画した会社によると、修学旅行の受け入れは2021年3月以来です。

ぜっと屋 代表 「(龍踊体験は)集団なのでやめようかとか、色々な安全対策はやっているが、それでも心配と言われたら何もいえない。(龍踊を教える時)普通は余裕を持って笑っているが、(久しぶりで)ピリピリしている」

子供たちは約1時間半の練習を経て、町行く人たちの前で龍踊を披露。「モッテコーイ」の声も聞かれ、長崎の文化を肌で感じることができました。

児童 「最初は難しかったけど、本番になってうまくできてよかった」「(修学旅行が延期になって)嫌だと思ったが、できてよかった」

修学旅行を巡っては自治体によって対応が分かれ、長崎市の公立小中学校は2021年度、訪問先を長崎県内に限定しています。

この記事をシェアする
FNNプライムオンライン
FNNビデオPost
マルっと!
モッテレ
トップへ