ホームニュースポケモン“推し”で長崎の魅力発信へ 電車、マンホールもポケモン仕様に【長崎】

ポケモン“推し”で長崎の魅力発信へ 電車、マンホールもポケモン仕様に【長崎】

2024年06月28日 18:32

長崎県と「ポケモン」がコラボです。

国の内外で大人気のキャラクターが長崎の魅力を発信し、観光客の誘致などに取り組みます。

「長崎県の推しポケモンは、さあ姿が見えますでしょうか、デンリュウです」

人気アニメ「ポケットモンスター」のキャラクター「デンリュウ」です。

「ながさき未来応援ポケモン」に選ばれ、県庁にやってきました。

県は「ポケットモンスター」のグッズなどを展開する会社と連携協定を結び、県内の魅力発信や観光客の誘致に取り組みます。

ポケモンと自治体の連携は2018年に始まり、これまで9道県が協定を結んでいて、それぞれの自治体の特色ごとに「推しポケモン」が選ばれています。

「デンリュウ」はしっぽの先が輝き、その光は海のはるか遠くまで届くとされて「灯台」を連想させます。

多くの島があり、灯台の数も多い長崎県との親和性が高いことや、県民に親しまれている童謡「でんでらりゅうば」に語呂が似ていることなどが選ばれた理由です。

大石知事
「長崎の未来を照らしていただいて、我々が進むべき道、明るい方向を照らしてくれるんじゃないかと期待している」

28日午後には「デンリュウ」と「ツバキ」がデザインされたラッピング電車が長崎電気軌道の浦上車庫でお披露目されました。

天井や床など、様々なところでデンリュウがお出迎え。

ラッピング電車は1台限定で、28日から運行が始まっています。

蛍茶屋~崇福寺の間以外の3路線で運行される予定です。

デンリュウが描かれた世界に一つだけのマンホールの蓋も登場。

29日から長崎市や佐世保市、大村市など5つの市や町に設置されます。

ポケモン 宇都宮崇人 代表取締役最高執行責任者
「長崎県の過去の歴史だったりとか、これから向かっていこうとしている未来だったり、そういったものを一緒に結び付けて、海外の人にも国内の人にも受け止めてもらえると嬉しい」

デンリュウの蓋は2026年度の初めごろまでに、県内21の市や町すべてに寄贈される予定です。

関連情報)
今年11月からマンホールをめぐる周遊ラリーも実施予定。

この記事をシェアする Facebook X(旧:Twitter) LINE
FNNプライムオンライン
FNNビデオPost
Live News イット!
モッテレ
トップへ