ホーム8gram ピックアップ 伝えたいナガサキ~被爆76年 被爆者とともに~「平和への誓い」を読み上げた被爆者代表 岡 信子さん(92)の思い
トレンドワード
ピックアップ
ピックアップ
2021年08月09日

伝えたいナガサキ~被爆76年 被爆者とともに~「平和への誓い」を読み上げた被爆者代表 岡 信子さん(92)の思い

1945年8月9日。長崎に1発の原子爆弾が投下されました。あれから76年。長崎市の平和公園では平和祈念式典が営まれました。

式典ロング 着席.jpg

被爆者代表として平和への誓いを読み上げたのは、長崎市の被爆者 岡 信子さんです。現在、92歳。被爆者代表として過去最高齢です。岡さんには、どうしても伝えたいことがあります。

岡 信子さん「一番訴えたいのは、核兵器廃絶。やっぱり被爆して救護をしていれば平和が欲しい。平和は核をなくすことだと思う」

今から76年前、当時16歳だった岡さんは、看護師を目指し大阪の日本赤十字看護専門学校に通っていました。8月9日は、現在の長崎市住吉町にあった自宅に帰省していたところで原爆にあいました。自らもケガをしながら、1人の看護師として救護活動に当たりました。
s-Still0809_00009.jpg

被爆者 岡 信子さん「看護師が足りないために私たち学生も駆り出された。大阪で学んだ期間はわずか5カ月。でも腕に十字の腕章をつけた以上は、16歳ではない、日赤救護員です」「(負傷者の)背中にはいっぱいのウジです。ウジは肉に食い込んでとても痛い。私は薬というのを見たことがありません」

救護活動と並行して、負傷した母親の世話。そして行方が分からなくなっていた父親を探し回る日々。父親とは7日後に無事、再会できましたが、その頃に見た光景は「まるで地獄だった」といいます。

s-Still0809_00013.jpg

岡 信子さん「はっきりと覚えています。角材を積み重ねたのがどんどん燃えて、そこに遺体を放り投げたり、見るに耐えなかった。当時のことが目の前にはっきりと浮かぶので、涙が出たり・・・」

つらい記憶を心の奥にしまい込み、長年、被爆体験を語ることを避けていた岡さん。被爆の実相を次の世代に伝える活動を始めたのは、90歳を越えてからでした。「原爆の苦しみから立ち上がった人たちのおかげで今の平和がある」それを、若い人にも知って欲しいと思ったからです。

s-Still0809_00017.jpg

岡 信子さん「高齢になったけれど、つらい思いをするけれど、今のうちに今まで話さなかった分を話そうって。原爆がどういうものか、戦争がどういうものか、それ(を伝えるの)が、生き残った者の務めだから、私の平和への誓いを1人でも分かってほしい」

岡さんが世界に向けて訴えた、平和への誓いです。

長崎平和宣言(長崎市役所)

この記事をシェアする
トップへ