翌日 閉じる
19:00
世界の何だコレ!?ミステリー
20:00
林修のニッポンドリル
20:54
冒険県 冒険する長崎プロジェクト
21:00
ホンマでっか!?TV血液型で人生は変わる!?全ての血液型を持つレア人間って?SP
22:48
こちら県庁広報2課
22:54
KTNニュース
23:00
TOKIOカケル
23:40
Live News α
24:25
天気予報
24:30
TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020
25:00
パシれ!メロス
25:35
深夜ショッピング情報 
26:05
深夜ショッピング情報 
26:35
ニュース女子
  • RT @cx_mezamashi: 「アートアクアリウム2019」のアンバサダーに就任した山本美月さんが、記者発表イベントに登場!綺麗な着物姿だね〜っヽ(^o^)そんな山本美月さんは、明日のめざましじゃんけんにも参戦してくれるよ〜♪#めざましテレビ https://t.co/y…
  • RT @cx_mezamashi: 映画「アラジン」の名曲といえば「ホール・ニュー・ワールド」!ということで、映画に声優として参加している中村倫也さんと木下晴香さんが、ディズニー音楽の神様“アラン・メンケン”さんに直撃取材!名曲の誕生秘話を聞いてきてくれたよ(๑・̑◡・̑๑)5…
  • RT @cx_mezamashi: 最近街で見かける、どの行列の先にもあるのが、そう!タピオカ!明日のイマドキでは北香那ちゃんが、人気拡大中の“タピオカドリンク”について紹介してくれるよ!6時50分過ぎ放送予定!#めざましテレビ https://t.co/De6EKdRxJF
  • RT @cx_mezamashi: 明日は「新旧・学生寮ライフ」を徹底イノ調!昔と比べて、今の学生寮はどんな変貌を遂げているんだろう(๑˃̵ᴗ˂̵) ?7時20分過ぎ放送予定!#めざましテレビ https://t.co/Tn77kUbT4N
  • RT @cx_mezamashi: 6日(木)気になる人がいたらRT♪#めざましテレビ出るカモン② V6 ▽山本美月 ▽大谷翔平 ▽佐藤二朗 ▽アラン・メンケン  ▽中村倫也 ▽木下晴香 ▽北香那 ☆内容変更の際はご了承下さい。
モッテレ
モッテレ
  • Twitter
  • facebook
  • google+

パワスポ!N – POWERFUL SPORTS NAGASAKI

パワスポ!N #068
2020へ・・・諫早市在住の車いすアスリート 副島正純選手

過去4大会パラリンピックへ出場している車いすマラソンの副島正純選手は、現在、ふるさと諫早市を拠点に活動しています。
来年の東京へ「完全燃焼」を目指す副島選手の思いに迫りました。

次回の放送予告*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

■2019年10月20日放送:(KTNテレビ長崎)
茨城国体 山本凌雅選手 復活V!
■放送内容:
茨城県で開かれていた国民体育大会の現地報告その2です。
陸上三段跳の山本凌雅選手(諫早市出身)は2019年、絶不調のままシーズンラストゲームの国体を迎えました。しかも、左足首にはケガを抱えた状態・・・そんな逆境をはねのけ、最終跳躍で奇跡の復活優勝を遂げたのです!
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
やはり山本選手は「持っている男」です。
今季の不調や怪我がウソだったかのように、最後の最後に今シーズンベストジャンプを持ってくるなんて・・・(笑)東京オリンピックに向けて、本人はまだまだだと自覚しているとのことですが、2020年シーズンも「持っている男」ぶりを発揮してくれると信じています。


パワスポ!N

KTNテレビ長崎が毎週日曜午後5時25分から放送しているスポーツ番組を、モッテレでもピックアップ。
長崎ゆかりの選手や競技など「パワ」フルな「スポ」ーツの話題をお届けします。
長崎のじげもんならではの〝「パワ」ー「スポ」ット〟も!

2019年10月13日放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #069
茨城国体 長崎県勢の活躍!
茨城県で開かれていた国民体育大会の現地報告です。
茨城と言えば・・・水戸の御老公と水戸納豆ですよね(笑)陸上少年男子A100m池田成諒選手の優勝と、スポーツクライミング成年女子ボルダリング決勝の模様をお届けします。
放送日時:2019年10月13日(日)
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
長崎県勢は去年の国体の都道府県別41位から、ことしは26位へとステップアップを果たしました。国体の順位が全てではありませんが・・・
長崎国体のあと、長崎のスポーツの灯が年々小さくなっているような気がしていたので、明るい兆しが見えたと感じています。「チーム長崎」として集まった選手たちが、それぞれの場所に戻って一段と輝く姿を楽しみにしています。

2019年10月6日放送

パワスポ!N #068
2020へ・・・諫早市在住の車いすアスリート 副島正純選手
過去4大会パラリンピックへ出場している車いすマラソンの副島正純選手は、現在、ふるさと諫早市を拠点に活動しています。
来年の東京へ「完全燃焼」を目指す副島選手の思いに迫りました。
放送日時:2019年10月6日(日)
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
副島選手は、2004年のアテネから2016年のリオまで4大会連続でパラリンピックに出場している車いすアスリート界のレジェンドです。言うなれば、車いすマラソン界のキングカズ選手のような存在でしょうか。11月には「大分国際車いすマラソン」が控えています。副島選手の「完全燃焼」を楽しみにしたいと思います。

2019年9月29日放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #067
車いすバスケットボール④ 〜川原 凜選手の2020年への思い〜
障害が重いクラス(ローポインター)で世界のトップを目指す長崎市出身の川原選手。
強みであるディフェンスで、相手の動きを予測するための試合前のルーティーンとは?
2020年への思いを聞きました。
放送日時:2019年9月29日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
インタビューの時はいつも和ませてくれる川原選手。とにかく明るい天真爛漫な笑顔に女性ファンにもモテモテ。
献身的にチームを支える姿に、毎回心を打たれます。ついついボールを持っている選手に目がいきがちですが「影の名プレーヤー」に注目です。

2019年9月22日放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #066
車いすバスケットボール③ 〜車いすバスケ界の新星・創成館3年 溝口 良太選手〜
日本代表の指揮官も期待を寄せる長崎県出身選手。
23歳以下の日本代表強化指定選手に、これからを担うであろうスター候補がいます。
創成館高校3年生の溝口良太選手です。競技を始めたきっかけは?普段の生活や強化合宿などに密着しました。
放送日時:2019年9月22日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
少し照れ屋で、高校生とは思えないほどのしっかり者。病気に苦しんだ中学時代を乗り越えて、今の強さがあると感じました。2020年東京オリンピック・パラリンピックがゴールではありません。その先を見据えるアスリートたちの成長も楽しみです。

2019年9月15日放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #065
車いすバスケットボール② 鳥海選手の2020年メダル獲得へのカギ
2020年、金メダル獲得を目指す日本代表。
前回大会のリオからの道のりを「順調ではない…」と話す鳥海選手の胸の内とは?
今や代表チームの中心を担うまでに成長した鳥海選手にメダル獲得へのカギを聞きました。
放送日時:2019年9月15日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
今回の鳥海選手の取材を一言で表すなら「冷静と情熱」。
コート上では熱く、試合後や大会終了後には冷静に自分自身やチームを見つめていて次に何をすべきか…すぐに答えを出している姿がとても印象的でした。20歳ながら経験豊富で、チームに長く在籍する鳥海選手。あと1年で、どうここから成長するのか楽しみです。

2019年9月8日放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #064
車いすバスケットボール①~日本代表の現在地~
9/8からのパワスポ!Nは車いすバスケットボールの話題を4回にわたってお送りします。2020年まで、あと1年…8月末に来年のパラリンピックと同じ会場で行われた国際大会「三菱電機 ワールドチャレンジ カップ2019」の熱戦を振り返ります。日本代表には長崎市出身の鳥海連志選手と川原凜選手が選出され若い力が躍動しました。2020年に金メダル獲得を目指すチームの現在地とは…。
放送日時:2019年9月8日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
生で見る試合はやはり迫力が違いました!激しいぶつかりあいに、タイヤが擦れた焦げた香り会場でしか味わえない盛りあがりで2020年がますます楽しみになりました。4回シリーズでは、長崎出身の2人の来年にかける思いも紹介しますので要チェックです!

2019年9月1日放送

パワスポ!N #063
長崎のスマイルシンデレラ
8月の全英女子オープンで優勝した20歳の新鋭・渋野日向子選手。彼女に続けと練習を積む女子のジュニア選手たちが長崎にもいます。中でも全国トップレベルの実力を誇るのが長崎日大高校1年の櫻井心那さんです。彼女は渋野選手と同じように「笑顔」を意識しています。
放送日時:2019年9月1日(日)
【取材を終えて】(担当D:平野佑一郎)
櫻井さんの将来の夢はプロゴルファーかつ賞金女王に輝くこと。賞金女王という具体的なフレーズに、目標の高さを感じました。プレー面は大人びてクレバーですが、ダンスが大好きだったりという女子高生らしい一面も。長崎のスマイルシンデレラの今後が楽しみです。

2019年8月25日放送

パワスポ!N #062
ラグビーに情熱を注ぐ女子大生・末吉 涼香選手
神奈川県の大学に進学し、約4ヶ月ぶりに長崎に帰ってきた末吉選手。帰省の理由は・・・
そして、心に秘める県内の女子ラグビー界への思いを聞きました。
放送日時:2019年8月25日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
初めてお会いしたのは末吉選手が中学3年生の時。早いもので約5年ぶりの再会でした。相変わらずラグビーに夢中な女の子で、何倍もたくましくなっていました。男子に負けず、ラガール人生を切り拓いていく姿がとっても素敵な女の子です。

2019年8月18日放送

パワスポ!N #061
インターハイ日本一!八種競技 池田 塁選手
沖縄県で行われたインターハイの陸上競技。諫早農業3年の池田 塁選手が見事、日本一に輝きました。総合順位8位と出遅れたものの最終種目で逆転優勝した、頂点への道のりです。
放送日時:2019年8月18日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
最後の最後での大逆転劇は私も涙してしまいそうでした。ベストを出せない中でも、捨て試合にすることなく強い気持ちを持って戦う姿に感動させられました。両親や監督に、メダルをかけながら感謝の気持ちを伝える姿も印象的でした。今後の活躍に注目です!

2019年8月11日放送

パワスポ!N #060
スランプからの脱出は…陸上三段跳・山本選手
諫早市出身の山本凌雅選手(日本航空所属)は日本における陸上三段跳界のトップ選手です。しかし、東京五輪プレイヤーのことしは先の見えないスランプに陥っています。ふるさと長崎で過ごした山本選手は、競技の向き合い方を再確認しようとしていました。
放送日時:2019年8月11日(日)
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
普段は前向きなコメントが多い山本選手が、珍しく弱音を吐いていました。それほど、今季のスランプは長く苦しいようです。一方で、「いま苦しむ経験ができていることはこれからの競技人生にもつながる」とも話しています。まだ24歳。厳しい時期を乗り越え、東京五輪ではばたく姿を見たいと思っています。

2019年8月4日放送

パワスポ!N #059
靴は何足必要!?陸上八種競技 池田塁選手
諫早農業高校の池田塁選手は、陸上八種競技で日本一を期待されるアスリートです。八種目すべてで万遍なく高得点を取ることができるオールラウンダーですが、股関節が固いだけに、課題が残る種目もありました・・・
放送日時:2019年8月4日(日)
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
八種競技はその名の通り、8種類の種目を行うだけに、最大8足のシューズを揃える選手もいるそうです。本人の努力はもちろん、保護者の協力もあっての好成績だと実感しました。

2019年7月28日放送

パワスポ!N #058
ソフトテニスU-14日本代表 木下 颯汰選手
全国でわずか20人しか選ばれない14歳以下の日本代表・木下選手。スマッシュやボレーが得意の攻撃型のプレーヤーですが気は優しくて、仲間思いな一面も!
放送日時:2019年7月28日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
普段は誰もが口を揃えるほど優しい性格。少し照れ屋なイマドキの中学生でした。コート上の姿と普段の生活のギャップにぜひ注目してください。今後の活躍に期待です。

2019年7月21日放送

パワスポ!N #057
9年ぶり高総体優勝の西陵高校剣道部〜剣道兄弟の絆
県内では島原が県高総体8連覇中と絶対的な強さを見せていましたが、今年の県高総体は西陵が制しました。その優勝の背景には、いつも自主的にコミュニケーションをとり仲間と切磋琢磨して強くなること。主将の橋本選手が果たしたかった兄との約束がありました。
放送日時:2019年7月21日(日)
【取材を終えて】(担当D:烏山拓巳)
練習を見て思ったのが、会話が多いなということです。板村監督の指導がきちんと届いているかを練習終わりの選手だけのミーティングで確認したりと、上下関係はありつつも意見を言い合える環境が強いチームを作り上げているんだろうなと感じました。主将の橋本選手も兄の正太朗さんが県高総体の決勝で島原に負けた悔しい思いを晴らす活躍を見せています。インターハイで輝く部員たちを期待しています!

2019年7月14日放送

パワスポ!N #056
4年ぶりにインターハイへ 純心女子バスケットボール部
「走り勝つ」プレースタイルで全国への切符を掴んだ選手たちの、勝利を願うパワースポットは?そして勝ち飯=パワーフードとは?アスリートの一面をのぞかせる一方で、おしとやかさも!?
放送日時:2019年7月14日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
とにかく明るい!カメラ大好き、テレビの撮影大好きなイマドきの女子高校生でした。この明るさが、くよくよしない、競った場面でも力を発揮することができる最大の強みだと感じました。

2019年7月7日放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #055
高校生アスリートの熱戦・北九州陸上
背番号「選抜総選挙」で涙・・・!?九州文化学園高校野球部
放送日時:2019年7月7日(日)

2019年6月23日放送

パワスポ!N #054
高校生アスリートの熱戦・北九州陸上
インターハイの予選をかけた「北九州陸上」大会。男子5000mと100m決勝の模様をお伝えします。ライバル対決に、記録との戦い、世界を見据える走りに注目です。
放送日時:2019年6月23日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
5000mでレースを行うのは中学時代からの親友同士。世界レベルの選手をめざし、切磋琢磨してきた2人のこの夏、2度目の対決は名勝負でした!100m決勝は長崎のサニブラウン的選手が、もがきながらも駆け抜ける姿に心打たれました。

2019年6月16日放送

パワスポ!N #053
宇久高校 8人のサッカー部の挑戦
去年、夏の大会を「幼なじみの9人だけ」で戦った宇久高校サッカー部。あれから1年。「8人」になった彼らは、島に暮らす人の支えを糧に、練習を重ねてきた。そして、迎えた県高総体・初戦。8人だけの“汗と涙の戦い”を追った。
放送日時:2019年6月16日(日)
【取材を終えて】(担当D:松永悠作)
私は1年にわたり彼らを追いかけてきました。部員が8人しかいないいうハンデがありながらも、なんとか勝ちたいときつい練習にも耐えてきた彼ら。本気の挑戦を目の当たりにし、気付けば心の底から応援していました。夏の大会を終えた8人が今後歩んでいく道を、これからも見ていきたいと思っています。

2019年6月9日放送

パワスポ!N #052
県高総体バレーボール決勝より
男子の頂上決戦は、10連覇を目指した大村工業と、10年ぶりの王座奪還を目指した佐世保南が火花を散らしました。大村工業は171cmとバレーボール選手としては小柄な大塚選手(3年生)、佐世保南は中学時代日本代表にも選ばれたスーパールーキー(1年生)のプレーに注目です。
放送日時:2019年6月9日(日)
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
高校バレーの華は、やはり春高だという考えもありつつ、進学を控えた3年生の最後の大舞台・高総体には胸を打たれます。勝った大村工業の「勝って兜の尾を締める」雰囲気。敗れた佐世保南の「次の世代に託す」思い。ぜひご覧ください。

2019年5月19日放送

パワスポ!N #049
鹿町工業の星 パリ五輪目指す 陸上・松原八宏選手
ことし鹿町工業を卒業した陸上の松原八宏選手に迫ります。陸上を始めたのは高校からですが、めきめき頭角を現し、去年のインターハイではファイナリストに残りました。九州共立大に進学し、さらなる高みを目指す松原選手。感謝の心で目指すは、2024年のパリオリンピックです。
放送日時:2019年5月19日(日)
【取材を終えて】(担当D:松永悠作)
高校から陸上を始めた松原くん。今回の取材で初めてお会いしましたが、とにかく好青年!独自のフォームで駆け抜ける様はとてもカッコよかったです。鹿町工業の樽監督と両親に特に感謝していると話す松原くん。目標はパリオリンピック!応援しています!!

2019年5月12日放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #048
篠原信一さん 長崎日大・柔道部へ
オリンピック銀メダリストの柔道家・篠原信一さんが、永瀬貴規選手の母校・長崎日大高校を訪れました。楽しく、かつ真面目に高校生を指導をする篠原さん。高校生に伝えかった「夢言実行」とは…
放送日時:2019年5月12日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
今月6日にKTNの地上波で放送した「パワスポ!N~2020、その先へ~」の番外編です。篠原さんの〝ボケ〟と〝真剣さ〟のバランスに、感心させられっぱなしの取材でした。県高総体では、長崎日大が団体6連覇なるか、それとも・・・ことしも長崎の柔道界に注目していきたいと思います。

2019年5月5日(日)放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #047
いよいよ、5月6日放送。「パワスポ!N~2020、その先へ~」
5月6日にKTNで午後3時50分から放送の「パワスポ!N」スペシャル特番の内容を一足早くお届けします。
放送日時:2019年5月5日(日)
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
篠原信一さんは、歌手でもありました!?(笑)爆笑トークの一端に触れてください。もちろん本放送では、真剣に長崎アスリートの原点を探っています。

2019年4月28日放送

パワスポ!N #046
「世界」を見据え・・・陸上短距離 池田成諒選手
島原高校3年の池田選手は自己ベスト10秒52。2018年の世界大会・ユースオリンピックで銅メダルに輝いた日本短距離界期待のホープです。池田選手はいま、特定の指導者から指導を受けていません。高校生にして〝自分でコーチング〟をする理由は、世界を見据えているからでした。
放送日時:2019年4月28日(日)
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
ひとこと、池田選手は大人です。ニュースでの放送を終えたあとにも、「ありがとうございました」と律儀に御礼のLINEが届きました。将来を見据えて、自分で考えて動いているところにも驚きです。短距離界のホープから、エースになる日が楽しみです。

2019年4月21日放送

パワスポ!N #045
V・長崎~U世代の取り組み
V・ファーレン長崎のアカデミー、U世代の取り組みについて取材。地元の選手を地元で育て、サッカー文化を根付かせようという動きはピッチ外にも広がりを見せています。
放送日時:2019年4月21日(日)
【取材を終えて】(担当D:烏山拓巳)
今回の取材を通して、アカデミーの選手たちは、サッカーに真摯に向き合い、周りの人に感謝しながらプレーをしていることが伝わってきました。長崎の選手が長崎で活躍することは地元にとってもうれしいことですし、多くの人がパワーをもらえると思います。今回トップチームの試合にも出場できる「2種登録」された五月田星矢選手と長尾泰成選手が、Jリーグのピッチに立つ日もそう遠くはないかもしれません。

2019年4月14日放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #044
柔道81㎏級・永瀬 貴規選手 2020TOKYOへの道
体重別の日本一を決める大会で2年ぶりの優勝を果たした永瀬選手。勝たなければ来年への道が閉ざされるがっけぷちの中ひとまわり大きく成長した姿を追いました。
放送日時:2019年4月14日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
優勝を決めた瞬間の少し顔がほころんだ姿が忘れられません。大ケガを乗り越えても待っていた試練に、何度も心が折れかけ、もがき続け待ちに待った優勝。自分の事のように喜びました。これからがスタート、熾烈な代表争いが続きます。

2019年4月7日放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #043
宇久高校9人のサッカー部~それぞれの旅立ち~
去年、夏の大会を「9人だけ」で戦った宇久高校サッカー部。あれから8か月…。キャプテンの卒業と共に、サッカー部は新たな旅立ちの時を迎えた。
放送日時:2019年4月7日(日)
【取材を終えて】(担当D:松永悠作)
宇久高校の生徒たちはほとんどが宇久島生まれ。まるで家族のように育ちました。それでもいつかはやってくる「島を離れる日」。9人で頑張ってきたサッカー部ですが、これからは8人で戦うことになりました。新キャプテンの平田君を中心に、チームがこれからどうまとまっていくのか?これからも取材させていただきたいと思っています。

2019年3月31日放送

パワスポ!N #043
県内でもeスポーツ!チクリン選手
エクレトロニックスポーツ=eスポーツ。対戦テレビゲームもスポーツの時代がやってきました。チクリン選手は諫早市出身で、現在は大村市の在住のプロeスポーツ選手です。長崎の企業のバックアップを受け、格闘ゲーム「鉄拳」で世界一を目指して、日々8~12時間トレーニングにいそしんでいます。
放送日時:2019年3月31日(日)
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
ストイックに基本練習を行う姿は、まさにアスリート。皆さんは対戦「ゲーム」をするときに、2時間、対戦をせず、延々と〝技をかけ続ける〟練習をすることができますか・・・私は絶対、無理です・・・チクリン選手のストイックさをご覧あれ!

2019年3月24日放送

パワスポ!N #042
長崎生まれのイケメン剣士 フェンシング吉田多聞選手
フェンシング・サーブルの吉田選手は長崎市の出身です。能力を認められ、中3からは東京のJOCエリートアカデミーで英才教育を施されてきました。この春、高校を卒業した吉田選手。ふるさとへの思いを聞きました。
放送日時:2019年3月24日(日)
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
取材中も爽やかな笑みを絶やさないイケメン剣士です。2024、2028のオリンピックでは日本フェンシング界を背負う選手として活躍してくれるでしょう。「長崎のことが恋しいです!」と話すほど地元愛の強い吉田選手の今後が楽しみです。

2019年3月17日(日)放送*映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #041
柔道66㎏級 桂 嵐斗選手の旅立ち
この春、長崎日大高校を卒業した桂選手。世代別の世界王者、インターハイ優勝と結果を出し続け将来が期待されている選手のひとりです。高校3年間でターニングポイントとなった試合など、今後にかける思いを聞きました。
放送日時:2019年3月17日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
高校3年間、取材をさせていただいた選手の一人で進級や結果を出すたびに、精神面の成長をものすごく感じています。意外にもスイーツ好きな一面もあり!気は早いですが2020年を通り越して、2024年のオリンピックが楽しみな選手です。

2019年3月10日(日)放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #041
プロの舞台へ!川原陸投手が創成館を卒業
去年のプロ野球ドラフト会議で阪神タイガースから5位指名を受けた長崎市出身の川原陸投手。この春3年間の思い出が詰まった創成館高校を卒業しました。仲間たちと最後の時間を過ごす川原投手の笑顔あふれる卒業式をお伝えします。
放送日時:2019年3月10日(日)
【取材を終えて】(担当D:烏山拓巳)
最初にインタビューをした時から、体は1回り大きくなり、アスリートの表情の中にもあどけない一面もある川原投手。創成館初のプロ野球選手として甲子園で投げる姿を楽しみにしています!

2019年3月3日放送

パワスポ!N #040
東京のパワースポットへ!陸上三段跳・山本凌雅
山本選手は諫早市の出身。現在は日本航空に所属し、東京オリンピックに向け練習を積んでいます。高校時代はひょろっとした体格でしたが、上半身を鍛えぬき、いまや体脂肪6%の細マッチョへと変貌を遂げました。そんな山本選手が東京のパワースポット・亀戸香取神社へと向かいました。彼が願ったのは、果たして…
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
マッスルBODYに目覚めた彼には、毎度のことながら、上半身を披露してもらっています。今回、なんと…カメラの前で自分から脱いでくれた山本選手。筋肉フェチの女性ファンはとくとご覧ください!

2019年2月24日(日)放送

パワスポ!N #039
全国10位!小学生タグラグビーチーム「佐世保スマイリーズ」
今月開かれた小学生タグラグビーの全国大会で10位に輝いた「佐世保スマイリーズ」。強さのヒミツは意外なところにあった!
【取材を終えて】(担当D:松永悠作)
取材にお伺いした際、私もタグラグビーを体験させていただきましたが、見た目以上に体力を使う過酷なスポーツだと感じました。ですが子供たちは何度試合を重ねても、疲れるそぶりも見せず“常に全力プレー”…凄かったです!「将来の夢は花園」と語る選手の皆さん。今後も応援しています!

2019年2月17日(日)放送

パワスポ!N #038
華麗な演技を!バトントワーリングの世界
バトンを自由自在に操作し華麗な演技を披露するバトントワーリング。県内で初めて3本のバトンを使った演技に挑戦する小学5年生の男の子を主人公にあまり馴染みのないバトントワーリングという芸術性の高いスポーツの魅力に迫ります。
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
バトントワーリングの大会は初めてでしたが、とても迫力がありました。女性というイメージが強かったですが、日本のトップ選手は男性も多いことにびっくり!アクロバティックな動きもあり、華やかさやもあり魅力的なスポーツでした。

2019年2月10日(日)放送

パワスポ!N #037
世界一のテニス少女 佐世保の「なっちゃん」
世界一に輝いたのは大坂なおみ選手だけではありません。時を同じくして、全豪OPジュニアの女子ダブルスでも、佐世保市出身のテニスプレーヤー、川口夏実選手(16)もハンガリー選手とのペアで優勝を飾りました。佐世保から応援する家族の声と、本人の喜びの声を取材しました。
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
現在フロリダにテニス留学中の川口夏実選手。電話で取材をさせて頂いたときは、明るくはきはきとした受け答えでとても魅力的でした。小学生時代から全国大会で優勝するなど、めきめきと頭角を現していった川口選手。県内のテニス熱をぐんぐんあげてくれています!

2019年2月3日(日)放送

パワスポ!N #036
高校スポーツ県新人戦の裏側
1・2年生のみで臨む最初の公式戦、高校スポーツの〝新人戦〟に密着。長崎女子高校バスケットボール部は古豪復活へ歩みを進めている。エースの座を託す3年生、エースを託された2年生、それぞれの思いとは…
放送日時:2019年2月3日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
3年生が古豪復活への道筋を作ったからこそ、新チームにのしかかる大きなプレッシャーがあるものだと感じました。新人戦でしか味わえない、勝ち負けとはまた違った高校生たちの部活にかける思いがありました。

2019年1月27日(日)放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #035
内村航平 30歳の決意と覚悟
今月30歳を迎えた諫早市出身の体操・内村航平選手。日本の体操をリードし続ける彼が今、考える「2020年の東京」とは。
放送日時:2019年1月27日(日)
【取材を終えて】(担当D:松永悠作)
長年にわたり内村選手への取材を続けている吉井アナウンサーが、内村選手の“素”を引き出しています。誕生日を祝うケーキを前に、30歳になることを「楽しみでもありイヤでもある」と語った内村選手。競技中とはまた違う内村選手の表情が魅力的です。

2019年1月20日(日)放送

パワスポ!N #034
大村工業は春高で課題をクリアできたのか!?
初春に東京で行われた「春の高校バレー」。長崎県代表の大村工業の3年生セッター奥村主将は、日本一に向けて自身に課せられた「絶対的なエース作り」をクリアできずにいた。そんな中で迎えた3回戦の清風(大阪第1代表)戦。下級生エースに思いを託した奥村のトスの結果は?
放送日時:2019年1月20日(日)
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
大村工業は上位進出はなりませんでしたが、「絶対的なエース作り」は新チームに受け継がれていきます。もちろん大村工業が県内を勝ち上がれるかどうかは分かりませんが、今後も春高に向けた県内チームの取材を熱く続けていきたいと思います。

2019年1月13日(日)放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #033
柔道81㎏級・永瀬貴規選手の今年にかける思い
いよいよ開幕する春の高校バレー。大村工業3度目の日本一に向けて、大事な初戦は千葉の強豪・習志野。上位進出の足がかりとすることができるのでしょうか。
放送日時:2019年1月13日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
2018年の試練に初めて弱音を吐くこともありましたが、「充実」した1年だったと振り返る姿に驚いた反面、ひとまわりもふたまわりも成長した精神面の強さを感じました。ライバル、そして自分自身に打ち勝って、代表権をつかんでほしいです!

2019年1月6日(日)放送*映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #32
春高バレー男子1回戦 大村工業VS習志野
いよいよ開幕する春の高校バレー。大村工業3度目の日本一に向けて、大事な初戦は千葉の強豪・習志野。上位進出の足がかりとすることができるのでしょうか。
放送日時:2019年1月6日(日)

2018年12月30日(日)放送

パワスポ!N #031
春高バレー長崎県勢の思い
初春に東京で行われる高校生バレーボーラーの夢の祭典「春の高校バレー」。長崎県代表として出場する大村工業と九州文化学園の日本一を目指す理由に迫りました。
放送日時:2018年12月30日(日)
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
毎回取材をするたびに、「日本一」という言葉は言葉にしたり書いたりするほど簡単にたどり着ける場所ではないと感じています。針の穴を通すような練習を積み重ねても、簡単には立つことができない場所です。大村工業、九州文化学園ともに、頂を目指して練習に取り組んでいます。正月の東京の結果を、楽しみに待ちたいと思います。

2018年12月23日(日)放送

パワスポ!N #030
2年ぶりに聖地・花園へ 長崎北陽台ラグビー部
県大会で圧倒的な力で優勝した長崎北陽台。世代別の日本代表を2人抱え、持ち味のパワーとコミュニケーション力に磨きをかけ、「考えるラグビー」で全国へ挑む。目指すは全国ベスト8。北陽台フィフティーンの仕上がりは?
放送日時:2018年12月23(日)
【取材を終えて】(担当D:烏山拓巳)
高校ラグビーの取材は初めて担当しました。15人で戦うラグビーですが、一人一人が自分の役割を理解して、競技に励む姿がたくましかったです。些細なことでもチームで共有する北陽台フィフティーン。花園での活躍に期待です!

2018年12月16日(日)放送

パワスポ!N #029 モッテレ限定拡大版
笑って進むよ~松尾夢華さんの新たな挑戦~
車いすバスケットボール競技の県代表選手として選ばれた松尾夢華さん、高校3年生。夢華さんは、3年前の春、突然の病に襲われました。骨肉腫、骨のガンです。腫瘍が見つかった左足を切断。抗がん剤治療。義足での生活。肺への転移・再手術…。今年10月。小中学生時代にやっていたバスケットボール競技の経験をかわれ、福井県で開催された全国障害者スポーツ大会の車いすバスケットボール競技に出場。初めての全国大会に挑む姿に密着しました。
放送日時:2018年12月16日(日)
【取材を終えて】(担当D:角 亮史)
夢華さんと初めてお会いしたのは約3年前。病気と向き合いながら今を笑顔で生きる姿は、多くの人に勇気を与える存在だと感じています。様々なことに挑戦し、自分らしく輝く夢華さん。今後の活躍に注目です!

2018年12月9日(日)放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #028
モットーは全員駅伝 都大路へ長崎商業
12月23日に京都・都大路で開かれる全国高校駅伝大会。初出場を決めた長崎商業はエース廣中選手を擁し、全員駅伝で都大路に臨む。
放送日時:2018年12月9日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
とにかく笑顔が絶えない選手ばかり!初出場という緊張や気負いはなく、仲間と出場できることを楽しんでいるかのようでした。仲間との絆、そして10年連続準優勝に終わった先輩たちの思いとともにどうタスキをつなぐのか、大会が楽しみです。

2018年12月2日(日)放送

パワスポ!N #027
F1目指す中学生レーサー
2018年、レーシングカートの「地方カート選手権」でシリーズチャンピオンを獲得した長崎大学教育学部附属中学1年の清水啓伸選手。
日本のトップ選手が歩んできた道をなぞるように、ステップアップする清水選手の思いに迫った。
放送日時:2018年12月2日(日)

2018年11月25日(日)放送

パワスポ!N #026 モッテレ限定配信
春の高校バレー長崎県大会 笑顔無し!?決勝戦
県代表に決まった大村工業と九州文化学園。しかし、試合後の両チームに笑顔は無かった。そのワケは?健闘が光った準優勝校・佐世保南と創成館の思いにも迫った。
パワスポ!N #026 モッテレ限定配信
春の高校バレー長崎県大会 涙・涙・涙の準決勝
決勝進出を惜しくも逃した男女あわせて4チーム。敗退後、人目もはばからず涙をした選手たちは、それぞれの負けられない思いを抱えていた。
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
高校生が青春をぶつけた 熱い季節が終わりました。本当はもっともっと織り込みたいエピソードもありましたが、取材陣としても撮影しなければならないものが多すぎて、これが限界でした。敗れたチームは、今年の悔しさをバネに来年どんなチームを作っていくのかとても楽しみです。そして、県代表校となった大村工業と九州文化学園には、県内チームの思いも持って全国で勝ち進んでほしいと思います。

2018年11月18日(日)放送

パワスポ!N #025
春高バレー県大会へ…鎮西学院エース高柳選手の思い
2018年11月17日(土)に開幕の「春の高校バレー長崎県大会」。鎮西学院は過去8大会連続で、決勝まで進みながら大村工業の前に涙を呑んできた。エースの高柳樹選手が早朝練習を行う理由は、ことしの県高総体にあった…
放送日時:2018年11月18日(日)
パワスポ!N #025 モッテレ限定配信
春高バレー県大会へ…王者・大村工業の思い
KTNプライムニュース内で2018年11月13日(火)に放送した王者・大村工業の紹介。「エースを育てる」という難しい課題を与えられたセッター兼主将の奥村竜樹選手の思いとは。
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
ことしも青春の季節がやってきました。特に3年生が進学や就職を控えながら、東京のオレンジコートを目指して思いをぶつけ合うさまに、毎年、感動をもらっています。男子のチームにとっては打倒・大村工業は積年の願いです。今回はその代表として鎮西学院を取材しました。ライバルに今度こそ負けられないという思いを、感じ取って頂ければと思います。KTNでは決勝の模様を2018年11月24日(土)午後4時から生放送します。こちらも併せてご覧ください!

2018年11月11日(日)放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #024
完全復活は?柔道81㎏級 永瀬貴規選手
右ひざの大ケガから1年。辛いリハビリ生活を終え、いよいよ実戦復帰!2020年を見据えて、体重別の日本一を決める講道館杯に臨む。完全復活となるのか、再始動した永瀬選手の思いを聞きました。
放送日時:2018年11月11日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
右ひざの手術痕は、わからないほど小さなものでした。順調な回復に見えたもののトップアスリートが感じていた小さな「違和感」は講道館杯のまさかの結果につながったのかもしれません。己の柔道と向き合う永瀬選手から、今後も目が離せません!

2018年11月4日(日)放送

パワスポ!N #023
スポーツクライミング原田朝美選手
県のトップクライマーとして活躍する原田選手。今年10月の福井国体で初めて日本一に輝き、さらなる高みを目指しています。自分に限界を作らないことが強み!負けず嫌いでコツコツと努力するひたむきな姿に注目です。
放送日時:2018年11月4日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
クライミング漬けの日々を送る原田選手。愛犬と過ごしたり、お菓子作りや編み物をすることが癒しの時間!練習中のもぐもぐタイムは「ラムネ」だそうで、甘いものが大好きと可愛らしい笑顔が印象的でした。

2018年10月28日(日)放送

パワスポ!N #022
聖地「花園」目指す!長崎海星高校ラグビー部
聖地「花園」の切符を争う県大会が10月20日から始まった。長崎北陽台と長崎南山を軸にした展開が予想されています。海星ラグビー部は1980年創部、日本代表も輩出しています。各大会で上位に食い込む実力はありますが、「花園」の舞台にはまだ立っていません。海星は身体がほかのチームと比べて小さい分、走り回って得点を奪うのが特徴。ラグビー部には女子部員3人がいます。そのうち2人が全国大会に出場!男子部員も刺激を受けています。県大会は常に挑戦者という気持ちで挑み、初の「花園」を目指す!
放送日時:2018年10月28日(日)
【取材を終えて】(担当D:増田潤一郎)
他のチームと比べると身体が小さい…インタビューでキャプテンの口から出てきた言葉です。しかし、選手たちの身体を見てみると筋肉がすごい!モリモリでした。その秘密は毎週月曜日に栄養指導などを行い、肉体改造に取り組んでいるということ。練習終わりには部室でマネージャーが作ってくれたおにぎりを両手に持ち、ほおばっていました!練習を近くで見ると迫力がすごい!その中で一緒に練習している女子部員たち!一生懸命男子部員にタックルしていました!練習中は真剣に、練習が終わると笑いが絶えない選手たち…いいチームだなと感じました。

2018年10月21日(日)放送

パワスポ!N #021
きのうの自分を超えろ!長崎大学マッスル部
鋼の肉体を目指して日々のトレーニングに励む長崎大学マッスル部。モットーはきのうの自分を超えろ!理想の体を目指す姿に迫りました。
放送日時:2018年10月21日(日)
【取材を終えて】(担当D:烏山拓巳)
マッスル部という文字通りの肉体を持つ大学生たちでした。筋トレは「相手」がいるスポーツと違って、自分に打ち勝つことができれば扱える重量が増えていきます。限界を作らない学生たちに私自身もあきらめない気持ちで壁を取材でもありました。

2018年10月14日(日)放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #020
感謝の思い抱きプロへ!川原陸投手の素顔は…
去年の冬からずっと取材をさせてもらっています。川原君の投球はもちろん、素の表情をご覧いただける内容になるよう取材を進めてきました。県民の皆様がもっと川原君を知るきっかけになれば幸いです。
放送日時:2018年10月14日(日)
【取材を終えて】(担当D:烏山拓巳)
流した涙は「1リットル」超え!女優より泣いたとユーモラスに溢れた松尾さん。辛い過去も笑顔に変えてしまうほどの明るさで、終始、笑いに包まれた取材でした。

2018年10月7日(日)放送

パワスポ!N #019
全国の仲間とラウンドを満喫!義足のゴルファー
リハビリや障害者スポーツとして注目される「ゴルフ」。30歳の頃から義足生活を送る西海市在住の松尾秀明さん。ハンディキャップを感じさせない力強いスイングは注目です!全国の仲間との出会いが、人生の豊かさにもつながっていると話す障害者ゴルフの魅力に迫ります。
放送日時:2018年10月7日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
流した涙は「1リットル」超え!女優より泣いたとユーモラスに溢れた松尾さん。辛い過去も笑顔に変えてしまうほどの明るさで、終始、笑いに包まれた取材でした。

2018年9月30日(日)放送

パワスポ!N #018
福井国体へ!相撲・成年男子 髙橋 修選手
2013年、2014年とチーム長崎は団体・2連覇を達成。それ以降、入賞はするものの優勝から遠ざかっています。仕事と競技を両立させながら、6年連続で国体に出場する髙橋さん。20代最後の大会で、目指すは団体・個人ともにベスト4以上。長身を生かした攻めの相撲で、活躍を誓っています。
放送日時:2018年9月30日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
相撲の取材は初めてで、体と体がぶつかり合い道場に響く鈍い音の迫力に圧倒されました。高校から競技を始めた髙橋さんですが、高校入学時は柔道をするつもりだったとか。柔道着姿も見てみたかった…普段のおだやかな表情と土俵での真剣なまなざしに注目です。

2018年9月23日(日)放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #017
サッカー男子・森保一監督の原点とは… 恩師の今西和男さんに聞く
日本人で初めて東京五輪世代とA代表の兼任監督を務める長崎市出身の森保監督。高校を卒業後、サンフレッチェ広島の元総監督である今西さんのもと、サッカー人生を歩んできました。今西さんの育成法が、どう森保監督の礎となったのか。恩師の言葉から、森保監督の原点を探ります。
放送日時:2018年9月23日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
今西さんの貴重なお話ばかりで、あっという間のインタビューでした。森保監督の入団当時の印象や、現役生活、監督となるまでなどいろいろな側面からお話を伺うことができました。サッカーに関わらず、働く上でも大切なことを学ばせてもらった取材となりました。

2018年9月16日(日)放送

パワスポ!N #016
空手少女 久保ちひろちゃん
2020年の東京オリンピックで新しく種目に加わることが決定し人気が高まっている空手。父親の影響で、小学校入学前から空手を始めた久保ちひろちゃん。普段は可愛い小学生ですが、今年5月、空手の県大会の「形」小3女子の部で見事優勝。全国大会では一回戦で準優勝した相手に負けてしまいました。カメラを向けると恥ずかしがり屋さんですが、道着に袖を通すと目つきが変わる!ちひろちゃんの強さの秘密とは!?
放送日時:2018年9月16日(日)
【取材を終えて】(担当D:増田潤一郎)
これまで空手に接する機会はありませんでした。実際に道場に入ると選手たちの目つき、道着が擦れる音、声、体のキレなどすごいの一言。休憩中はガラッとその空気が変わり、走り回ったり、みんなとお話ししたりとやっぱり小学生でした。小学3年生にしてオンとオフの切り替えしが素晴らしい。心も体も成長できるスポーツなんだと感じた取材でした。

2018年9月8日(土)放送

パワスポ!N #015
大村高校ソフトテニス(女子)部
わずか5人しか部員がいなかった時代を経て、ことしのインターハイでベスト8入りを果たした大村高校。強豪の私立高校と比べて練習環境が整わない中、〝工夫〟をしながら全国と戦ってきた。10月の福井国体では、再び全国をアッと驚かせることができるのか?
放送日時:2018年9月8日(土)
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
私自身もそうでしたが、かつてソフトテニスと言えば、中学生から競技を始める人が多かった印象があります。ところが、いまどきは、小学生のときからクラブチームに入り、高校生にして10年の経験を持つ選手が全国大会では当たり前にいるそうです。同じ競技でも、20年経てば環境は大きく変わるんだなとしみじみ感じた取材でした。

2018年9月2日(日)放送

パワスポ!N #014
国体へ!怪我からの復帰 陸上三段跳・山本凌雅選手
陸上アジア大会で好成績を残したMHPS長崎・井上大仁選手、十八銀行・野上恵子選手と並び東京五輪への出場が期待される県内出身の陸上選手・山本選手に密着。今年に入って、競技人生初の〝ジャンパーひざ〟に苦しみながら、地元長崎の練習で復活のきっかけをつかみました。
放送日時:2018年9月2日(日)
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
ふるさと長崎への熱い思いを隠さないナイスガイ。毎度おなじみ?マッスルボディにも注目です。

2018年8月19日(日)放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #012
車いすバスケットボール・川原 凜選手の素顔に迫る!
世界選手権の日本代表に初めて選出された長崎市出身の川原 凜選手。競技と出会ったきっかけそして、長崎を離れるターニングポイントとなった大会とは…
放送日時:2018年8月19日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
ターニングポイントとなった大会が、まさかあの試合だったとは…驚きもあり、嬉しさもありました。今や日本を代表する選手に成長した川原選手の周りを和ます笑顔にも注目です。

2018年8月12日(日)放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #011
車いすバスケットボール・川原 凜選手の強さとは…
世界選手権の日本代表に初めて選出された長崎市出身の川原 凜選手のプレーに迫ります。持ち味は、正確な車いす操作から生まれる緻密なディフェンス力。体力の消耗も激しい中で、世界との勝負を見据える川原選手に注目です。
放送日時:2018年8月12日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
これまでも試合は何度か取材してきましたが、直接お話しするのは今回が初めてでした。とってもマイペースでシャイな性格。優しい笑顔の中にも、世界を見据えた力強さがあります。ディフェンスのスペシャリストとして、周りを生かす川原選手の献身的なプレーは車いすバスケットボールの深さと面白さを感じさせられました。

2018年8月5日(日)放送*権利の都合上映像はありません。ご了承ください。

パワスポ!N #010
車いすバスケットボール 鳥海連志選手はいま・・・
長崎出身で2020東京パラリンピックでの活躍が期待される。車いすバスケットボールの鳥海連志選手の〝いま〟に迫ります。関東への大学進学から1年。国際大会での経験も積み重ねている鳥海選手は、肉体面も精神面も進化し続けていました!
放送日時:2018年8月5日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
鳥海選手とお会いするのは1年ぶり。身体がひとまわり大きくなったような印象を受けました。そして、ますます大人っぽい雰囲気に!まだ10代と伸び盛りの鳥海選手。その成長は止まることを知りません。2020年にむけて目指す選手像を聞くと、なんとも鳥海選手らしい答えが…冷静に世界の強豪と戦うことを見据える鳥海選手のから、今後ますます目が離せません!

2018年7月29日(日)放送

パワスポ!N #009
長崎女子バスケットボール部
10年ぶりに全国への切符をつかんだ長崎女子バスケットボール部。かつて鶴鳴女子として2度、インターハイを制すなど、全国に名をとどろかせた強豪が歴史と伝統を胸に、「挑戦者」として新たな歴史を刻みます。
放送日時:2018年7月29日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
去年の冬から県レベルの大会では負けなし!と女王の座に返り咲いている長崎女子バスケットボール部。モットーは「一戦必勝」。目の前の一試合一試合を大事に、古豪復活を目指すチームの強さに迫る。九州総体で見えた課題は「メンタルの強化」。新たな情熱宿る、名門復活のカギとは…

2018年7月22日(日)放送

パワスポ!N #008
寝ても覚めてもバドミントン!瓊浦高校バドミントン部
オリンピックで日本人ペアが金メダルに輝くなど、いまや日本が世界一の競技レベルを誇るバドミントン。瓊浦高校バドミントン部は、ことし春の全国大会で創部53年にして初めて全国の決勝の舞台に勝ち進みました。インターハイで悲願の日本一を掴むべく、朝・昼・晩とバドミントン中心の生活を送るメンバーの姿に密着しました。
放送日時:2018年7月22日(日)
【取材を終えて】(担当D:磯部翔)
選手たちはとにかく、ストイックに競技に向き合っています。日本一を目指すということは、あらためて「こういうことか」と感じました。きっとインターハイでは輝かしい姿を見せてくれるはず・・・朗報を待ちたいと思います。

2018年7月15日(日)放送

パワスポ!N #007
長崎からF1へ 高校生レーサー
県内ではあまり馴染みがないモータースポーツ。
世界最高峰のF1の舞台をめざし、長崎から世界へ羽ばたこうとする高校生レーサー。F1の入門カテゴリーとなるF4で走り始めた長崎南山高校3年の久保 正孝さん・18歳。レーサーになるためには、ドライバー技術はもちろん、遠征費などの多額の資金が必要で自ら、スポンサーを求めて営業活動を行っています。
放送日時:2018年7月15日(日)
【取材を終えて】(担当D:大村咲子)
自分が高校生の時ならば、両親に頼りたくなるところを久保さんは何事にもひるむことなく、自分の夢に向かって突き進む強い心があります。その行動力には驚かされる場面も多かった取材でした。今後の活躍に注目です。

2018年7月8日(日)放送

パワスポ!N #006
悲願の初優勝!佐世保高専ボート部
創部51年目の今年、県高総体で初の総合優勝を果たした「佐世保高専ボート部」。3年生以下の13人が練習するボート部の強さのヒミツに迫ります!
放送日時:2018年7月8日(日)
【取材を終えて】(担当D:松永悠作)
中学まではサッカーや相撲など別のスポーツに取り組んでいたボート部の選手たち。取材を通して、ボートにかける熱い思いを肌で感じました。取材時点では1年生の部員がいなかったので、ボートの楽しさが他の学生の皆さんに伝わり強さが繋がっていくのを楽しみにしています。

2018年7月1日(日)放送

パワスポ!N #005
少林寺拳法の魅力に迫る
少林寺拳法…それは相手との戦いではなく、自分自身との戦いの中で自らを磨き上げていく武道。勝つことを目指すのではなく、人づくりを目指す少林寺拳法の魅力に迫ります。
放送日時:2018年7月1日(日)
【取材を終えて】(担当D:藤崎玲奈)
取材の中では、体験もさせていただきました。子どもたちはツヨカッコよかったです。奥の深い少林寺拳法の世界感を少しでも感じて頂ければと思います。

2018年6月24日(日)放送

パワスポ!N #004
九州を制するものが全国を制す!?
九州各地の県高総体やインターハイ予選などを勝ち抜いたチームや選手が出場する「全九州高等学校体育大会」。レベルの高い九州大会を制すれば、全国大会でも好成績を残せるとも言われている。今回のパワスポ!Nは大村工業バレーボール部と瓊浦バドミントン部に注目。目前に迫ったインターハイに向けて見えてきた課題とは?
放送日時:2018年6月24(日)
【取材を終えて】(担当D:磯部 翔)
ことしは〝違う意味〟で全国に注目されてしまった大会ですが、会場にいた高校生は、みな1つ1つのプレーに真摯に試合に臨んでいました。全九州大会では満足いく成績を残せなかったチームも、全国では修正して、持てる力を全て発揮してほしいと思います。紹介はできませんでしたが、全九州大会を最後に引退した3年生の皆さんは長い競技生活お疲れ様でした!

2018年6月17日(日)放送

パワスポ!N #003
9人で挑んだ夏 宇久高校サッカー部
五島列島最北端に浮かぶ宇久島。島唯一の高校・宇久高校のサッカー部は、部員がなんと9人しかいない。県高総体の試合に、たった9人だけで挑んだ選手たちの〝ひと夏〟を追った。
放送日時:2018年6月17(日)
【取材を終えて】(担当D:松永悠作)
9人は全員幼なじみで、兄弟のような間柄。和気あいあいとした仲の良さを見せる一方で、サッカーのことになると先輩後輩関係なく意見を言い合う。島ならではの強みを持ったチームだと感じた。「9人しかいなくても勝てるという事をを見せ付けたい」と意気込む森田主将はチーム唯一の3年生。仲間と共に挑む最後の試合は、胸にぐっとくるものがありました。

2018年6月10日(日)放送

パワスポ!N #002
〝女王〟復権への思い…県高総体 九州文化バレーボール部
2017年の県高総体で敗れ、19年連続続けてきたインターハイ出場が途絶えた九州文化学園高校バレーボール部。強い九文へ…ボールをつなぐという基本に立ち返り、2年ぶりの頂点に立った九文の思いに迫った。
放送日時:2018年6月10(日)

2018年5月20日(日)放送

パワスポ!N #001
県内企業に就職!ボウリング・原口優馬選手
原口選手は、この春、長崎鶴洋高校を卒業してチョープロに入社し仕事と競技を両立しています。
放送日時:2018年5月20日(日)

PAGE TOP