翌日 閉じる
08:00
とくダネ!
09:50
ノンストップ!
11:20
はっちゃKTN
11:25
国分太一のお気楽さんぽ~Happy Go Lucky~
11:30
KTN Live News days
11:55
バイキング
13:45
直撃LIVE グッディ!
14:50
お昼のショッピング情報 ジェイフロンティア
15:19
アフタヌーンセレクション 花嫁のれん
15:48
ヨジマル!
16:45
プチまる!
16:50
KTN Live News it! 1部
17:53
KTN Live News it! 2部
19:00
世界の何だコレ!?ミステリーSP
20:54
冒険県 冒険する長崎プロジェクト
21:00
ホンマでっか!?TV
21:54
こちら県庁広報2課
22:00
突然ですが占ってもいいですか?
22:54
KTNニュース
23:00
TOKIOカケル
23:40
Live News α
24:25
天気予報
24:30
中川家&コント
25:00
石橋、薪を焚べる
25:35
深夜ショッピング情報 
26:05
深夜ショッピング情報 
26:35
ニュース女子
  • Twitter
  • facebook
  • google+

第538回番組審議会 2019年6月12日 No.218

第538回番組審議会は、2019年6月12日 テレビ長崎で開催され、下記番組について審議した。

「パワスポ!N~2020、その先へ~」
(テレビ長崎制作)
放送日時 2019年5月6日(月)15時50分~17時48分

出席委員 (順不同・敬称略)

菊森 淳文
田崎 智博
石川 由香里
柴田 守
大川 綾
近久 宏志
山﨑 健

以上 7名

放送事業者側の出席は 10名

審議の冒頭、番組プロフデューサーの報道制作局次長・赤木健一郎がこの番組が5分番組『パワスポ!N』(2018年4月から毎週日曜日17時25分から放送)の「総決算的」なものであり、「2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて県内のアスリートの応援番組として制作した」と述べた。また、番組ディレクターの磯部翔は「スポーツに関心がない人にも楽しんでもらいたいと明るいタッチで作った」と説明した。

審議の概要(委員からの主な意見)

「パワスポ!N~2020、その先へ~」(2019年5月6日(月)放送)について
・番組内で紹介された競技種目・選手が多岐にわたり、充実感・満足感があった。
・オリンピックをめざす将来有望な選手がこんなにも県内にいるとは驚いた。また、スポーツを通じて人間の生きざまを感じさせられ、感銘を受けた。
・VTRゲストで、五輪銀メダリストの柔道家・篠原信一さんは、トークが軽快で現場の雰囲気を和ませていて良かった。柔道場では雰囲気がガラッと変わって適切なアドバイスを示していて、番組にとても合っていたと思う。
・体操の内村航平選手や柔道の永瀬貴規選手など、スランプ時の苦悩の姿も描かれていて、KTNの継続的で熱心な取材で信頼関係を築いたことがよくわかった。
・詰め込み過ぎで説明が足りないと感じるところもあった。人数が少なくてイレブンが揃わない離島・宇久高校サッカー部の話題など、もう少し見たい、と思う気持ちもあった。
・パラリンピック競技の紹介が少ないように思った。このような番組でパラアスリートを紹介して欲しかった。
・スタジオの演出にもう少し工夫が欲しかった。出演している高校生アスリートがプレーしている映像を紹介して欲しかった。
・約2時間の番組は、散漫な感じで長いと感じた。「体力測定」のコーナーは、よくわからなかった。
・強弱がついた構成で、担当記者たちが「勝手に」県内アスリートたちを表彰したり、適したスポーツを科学的に見つけるための「体力測定」をしたり、楽しめる構成で、全体としてまとまりはよかったと思える。
などの意見が出た。
KTN番組審議会事務局 095-827-8183
このページを話題にする
  • 【スライドバナー】私学キラリ2019
  • 【スライドバナー】モッテレ
  • 【スライドバナー】Dr.長崎
  • 【スライドバナー】長崎県産品通販サイト どっと思案市
  • 【スライドバナー】who”s ななほ
  • 【スライドバナー】長崎弁かるた

おすすめコンテンツ

PAGE TOP