今日の天気

今日の天気

お問合わせ
サイトマップ
KTNニュース

特集(予告)

特報予告)諫早湾の開門問題 この1年
特報予告)諫早湾の開門問題 この1年
月曜日の特報は、諫早湾干拓をめぐる問題です。 開門を命じる確定判決の履行期限から1年、こう着状態の現状について漁業者に聞きました。

2014年12月21日のニュース

今夜からあすにかけ積雪の恐れ
KTNニュース

冬型の気圧配置が強まり、県内は、今夜からあすにかけ、平野部でも積雪の恐れがありそうです。

九州北部では、これからあすにかけ、上空1500メートルに、氷点下9度以下の強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見込みです。明日朝にかけて山間部で大雪となり、平地でも雪が積もるところがありそうです。雪は、多いところで、山間部で10センチ、平地でも3センチと予想されています。気象台は、積雪や道路の凍結による交通規制や、農作物への影響、強風や、高波にも注意するよう呼びかけています。

諫干開門不履行で抗議集会
KTNニュース

裁判で命じられた諫早湾干拓の開門を、国が実施しないまま1年、きょう長崎市で、開門を求めた漁業者などが、抗議の集会を開きました。 

集会には、有明海沿岸の漁業者や、支援者などおよそ90人が、参加しました。諫早湾干拓をめぐっては、判決に基づいて、国は、去年12月20日までに開門の義務を負っていましたが、判決を守らない状態のまま、きょうで丸一年です。開門訴訟の馬奈木昭雄弁護団長は、「国は、いまある漁業被害を放置し、漁業者を切り捨てている」と、厳しく批判しました。漁業者からも、開門以外に海の再生はないと、司法の判断を守らない国に対し、直ちに開門するよう求める声が、強くあがりました。

高校生平和大使フィリピン訪問 帰国報告会
KTNニュース

フィリピンの子どもたちに、全国から寄せられた鉛筆を届けた高校生が、活動を報告しました。

高校生平和大使で、長崎南山高校2年の西浦大輝さんは、2002年から続く「高校生1万人えんぴつ運動」の代表として、先月2日、フィリピンを訪れ、子どもたちに鉛筆9千本を手渡しました。また、去年、台風で大きな被害を受けたレイテ島では、慰霊祭にも出席し、募金活動などで集めた被災者支援の義援金などおよそ78万円を寄付しました。西浦大輝さん「震災の状況は、1年経った今も、全くというわけではないが、まだ復興は、完全には進められていない状態だった。今後も、支援をしていく必要があると感じた」実行委員会では、来年の夏、フィリピンの子ども達を、長崎に招待する考えです。

全国高校駅伝 諫早男子14位・女子20位
KTNニュース

師走の都大路を駆け抜ける全国高校駅伝にアベック出場した諫早高校は、男子が14位、女子が20位に終わりました。 

42,195㎞の男子のレースでは、諫早は、2区を3位でタスキをつなぐと、終盤まで、大混戦の入賞争いを展開しましたが、結果は、14位と、入賞は果たせませんでした。 一方、女子は、1区から大きく出遅れ、去年より2つ順位は上げたものの、20位に終わりました。

日本ハム関連の長崎工場で従業員54人が食中毒の疑い
KTNニュース

東彼杵郡川棚町の「日本ハムファクトリー長崎工場」で、従業員が食中毒とみられる症状を訴え、きのうから商品の製造を停止しています。 

日本ハムによりますと、従業員の食中毒の原因は、工場内の食堂とみられ、保健所が検査していますが、すでに製造された商品に対し、消費者から健康上の問い合わせは、あっていないということです。

長崎夜景の経済効果158億円
KTNニュース

長崎市の夜景観光の経済効果は、去年1年間で、およそ158億円と、数字の上からも、長崎観光の柱となっていることがわかりました。 

これは、長崎市観光政策課の観光動向調査でわかりました。それによりますと、去年1年間に、夜景の見物を主な目的に、長崎市を訪れた観光客は、33万4千人で、平均宿泊日数は、1・3泊でした。 経済波及効果は、158億3千万円で、内訳は、宿泊や飲食などの直接効果が、94億7千万円、商品の仕入れなどの波及効果が、63億6千万円となっています。長崎の夜景は、おととしの10月に世界新三大夜景のひとつに認定されましたが、夜景観光の経済効果が算出されたのは、これが初めてです。長崎市観光政策課は、「夜景観光は、宿泊を伴うことが多く、経済効果が大きい。今後もPRを続け、更に、観光客を増やしたい」と、話しています。

Copyright 2010 Television Nagasaki Co.,Ltd. All rights reserved 記載事項の無断転載を禁じます。 © 株式会社テレビ長崎
KTNテレビ長崎  ニュース・天気