今日の天気

今日の天気

お問合わせ
サイトマップ
KTNニュース

特集(予告)

特報予告)来年のカレンダー&手帳 人気は?
test
動画を再生[動画]
ことしも残すところ2ヵ月あまり。来年のカレンダーや手帳はもう準備しましたか?デザインや機能が年々進化するなかどういった商品が人気なのか、水曜日のKTNスーパーニュースで紹介します!

2014年10月21日のニュース

長崎国体バレーボール成年男子 長崎が歓喜の初優勝
長崎国体バレーボール成年男子 長崎が歓喜の初優勝
動画を再生[動画]

 長崎国体バレーボール成年男子で長崎が歓喜の初優勝です。国体3連覇を狙った強豪・愛知を破った裏側には、「チーム長崎」としての結束力がありました。

 初優勝を狙う長崎。国体3連覇を目指す愛知、 Vリーグ単独チームに序盤はまったく歯が立ちません。長崎は、第1セット・第2セットをあっという間に落としてしまいます。後が無くなった第3セット日本代表、リベロの永野が長崎を救います。ブロックされたボールを1ハンドでスーパーレシーブ。これをエース松崎が決めチームを勢いづかせます。このあとも伝統のねばりのレシーブを武器に、愛知にくらいつきます。しかし、愛知にマッチポイントを握られ追いつめられます。この逆境で、チームを救ったのは培ってきた全員バレーの心でした。2段トスの難しいボールを松崎が気迫で決め同点に追いつきます。

 このあと第3セットは7回のデュースを経て30対29までもつれます。長崎のセットポイントの場面 どちらも譲らずラリーの応酬になります。大事な場面で決めたのは、またもエースでした。松崎のバックアタックが決まり1セットを奪い返します。セッターの菅は実は万全の状態ではありませんでした。

 セッター 菅直哉「2セット目の中盤くらい」「左足です」「軽く捻挫でした」

 足を引きずってプレーしながら痛みは気にならなかったと話した菅、気迫でチームを引っ張り第4セットも長崎が取ります。Vリーグ、教員、大学生と普段は別の環境でプレーをする選手たちがまるで単独チームのような一体感を見せた長崎。ついにマッチポイントを迎えます!最後は満身創痍の菅が1枚ブロックで試合を決め、長崎は悲願の初優勝です。

 永野健選手「やっている方もハラハラしましたけど見ていらっしゃるお客さんもハラハラしたかなと良い試合を見せられてよかった」

 中﨑輝一選手「システムや物の考え方は違うかもしれないけれども中高ずっと一緒にやってきたメンバーなので」「ただボールに必死に食らいついて必死に叩いて、それだけ頑張ったのでムードが長崎になったのかな」

 「バレー王国」の団結力をチーム長崎が見せつけました。

国体 バレーボール少年男子も気迫の3位
国体 バレーボール少年男子も気迫の3位
動画を再生[動画]
 一方、こちらもフルセットの激闘です!バレーボール少年男子は大阪との3位決定戦。長崎は大阪の高い打点からのスパイクに苦しめられ、第1、第2セットを取られます。追い詰められた長崎、しかし、反撃はここからです。長崎は要所でスパイクとブロックが決まり、接戦の末、第3セットを奪取。さらに、第4セットも取り返し、セットカウント2対2とします。勢いに乗った長崎は第5セットも大阪を寄せ付けずフルセット3対2、長崎が大逆転で3位入賞を果たしました。
国体 柔道・成年男子は金メダリストが登場
KTNニュース

 こちらは諫早市で行われた柔道・成年男子です。世界柔道・団体金メダリストの永瀬貴規が登場。 地元ファンの声援に応え長崎チームを準優勝に導きました。

 柔道・成年男子、長崎は、群馬との2回戦から登場です。世界柔道金メダリストの永瀬貴規は兄弟で出場。メンバー全員が安定感ある戦いで、好調な滑り出しを見せます。

 順当に勝ち進めば、きょう1日で決勝までの5試合を戦わなければならない体力勝負。3回戦を勝ち上がり、迎えた準々決勝の相手は、強豪・神奈川。先鋒・志々目がまず内股で相手を畳に沈めます。山場だったこの試合を接戦の末勝ち抜き、勢いづく長崎チーム。ここまでオール1本勝ちの永瀬が、準決勝も豪快な大内刈りを決め決勝へ駒を進めます。

永瀬貴則選手「本音では、決勝までいけると思っていなかったので、5人の力、あと監督、応援してくれた皆の力があってこそ、決勝まで上がってこれたと思います。」

 決勝の相手は、ほぼ毎年国体で入賞している東京です。先鋒・次鋒・中堅が引き分け、副将・大将ともに、「払腰」を決められ、万事休す。柔道・成年男子長崎チームは、準優勝となり、16年ぶりの入賞を果たしました。

永瀬貴則選手「準々決勝、準決勝と自分がキーマンとなるところで、しっかり取れたので良かったと思いますこんな声援初めてだったので、応援してくれたみなさん、ありがとうございました。」

あす国体閉会式・小学生がブーケ作り
あす国体閉会式・小学生がブーケ作り
動画を再生[動画]

 県勢の活躍が続く長崎国体。 あすは、閉会式です。閉会式で長崎県選手団が持って入場行進する花束・ブーケを、小学生が手作りしています。

 きょうは、長崎市の愛宕小学校5・6年生の児童・およそ170人がブーケ作りに挑戦しました。ブーケは、長崎産のキクやカーネーション、ガーベラなどを使ったラウンドブーケで、あすの国体閉会式で、長崎県代表団が手に持って入場します。子どもたちは、花屋さんに教えてもらいながらどこから見てもきれいに見えるように12本の花を並べ、リボンを巻いて整えていきます。慣れない作業に苦労しながらも、国体で頑張った選手たちのために一生懸命、心をこめて作りました。

 児童「リボン最後作るところが難しかったです。あと、葉っぱを揃えるところも難しかったです」「(選手たちに)嬉しいって思って欲しいです」

 閉会式用のブーケは長崎市と西彼時津町の9つの小学校でおよそ1000束作られ、あすの閉会式で、県選手団が持って入場したあと、他の県の選手にプレゼントされるということです。

長崎国体)10日目 ホッケー、ボートなどで入賞
KTNニュース

 長崎がんばらんば国体はきょうが10日目。県勢はきのうの時点で男女総合成績首位となる「天皇杯」1位に浮上しています。

 きょうの試合結果の速報です。

ホッケー少年男子3位決定戦で長崎は0対2で熊本に敗れました。

 

ボート成年男子舵手つきフォアの5~8位決定戦で長崎は3分14秒35で5位。

少年女子ダブルスカルでも6位入賞です。

 

柔道の世界選手権で団体金メダルを獲得した永瀬貴規もメンバーの県代表は群馬に4-0で勝ち、3回戦進出です。

 

・少年男女、成年女子に続いて優勝を狙いたい剣道成年男子。2回戦で愛知に3-0で快勝、3回戦に順調にコマを進めました。

高1同級生殺害事件受け、佐世保で防犯パトロール
高1同級生殺害事件受け、佐世保で防犯パトロール

 今年7月に起きた佐世保市の同級生殺害事件を機に子供たちに寄り添おうと活動を続ける市民団体がこのほど、朝長市長も参加して防犯パトロールを行いました。

 防犯パトロールをしたのは佐世保市の防犯アドバイザーなどでつくる市民団体です。この日は、朝長則男市長も加わり、市中心部の商店街で部活帰りの高校生や国体出場のために佐世保市を訪れていた選手たちに「あまり、遅くならないように・・・」などと声をかけて回りました。

 今年7月、佐世保市では県立高校の女子生徒が同級生を殺害したとして逮捕される事件がありました。事件後、この市民団体は小中学校で開いた講演会などで子どもたちに寄り添う大切さを訴えています。佐世保市の朝長市長は「一朝一夕に効果が出るものではないが、声かけをする人たちがいるんだよ、ということをアピールしていかないといけない」と話しています。

 市民団体ではこうしたパトロールを通して子供たちと向き合い、悩みに耳を傾けたいとしています。

五島の児童がカマス釣り体験
五島の児童がカマス釣り体験
動画を再生[動画]

 五島市では今が旬のカマス釣りを子供たちが体験し夜の海に歓声を響かせました。

 カマス釣りを体験したのは五島市の玉之浦小学校の児童や保護者などおよそ40人です。この日は暗くなり始めた午後6時に8隻の船に分かれて出港し、玉之浦湾に釣り糸をたらします。そして糸を持つ手に神経を集中させて、当たりを待つことしばし・・・見事!体長30センチほどのカマスを釣り上げました。このカマス釣り体験は漁業の魅力や楽しさを子供たちに知ってもらおうと地元の商工会青年部が毎年、企画しています。玉之浦湾では9月から11月にかけてがカマス漁のシーズンだということです。

Copyright 2010 Television Nagasaki Co.,Ltd. All rights reserved 記載事項の無断転載を禁じます。 © 株式会社テレビ長崎
KTNテレビ長崎  ニュース・天気