今日の天気

今日の天気

お問合わせ
サイトマップ
KTNニュース

特集(予告)

特報予告)長崎大水害から32年 県内の防災事情は?
特報予告)長崎大水害から32年 県内の防災事情は?
動画を再生[動画]
水曜日のスーパー特報は死者・行方不明者299人、長崎大水害から32年です。地域の人たちで助け合う「共助」の視点から県内の防災事情を考えます。

2014年7月22日のニュース

前南島原市長・加重収賄罪で起訴
前南島原市長・加重収賄罪で起訴

 南島原市の官製談合事件で長崎地検はきょう、加重収賄の罪で藤原米幸前市長を長崎地裁に起訴しました。藤原前市長が一連の官製談合事件で起訴されるのはこれで3度目となります。

 起訴されたのは前の南島原市長の藤原米幸被告や藤原被告のいとこでナカムラ実業の社長中村泰久被告ら5人です。起訴状などによりますと藤原被告と中村被告は共謀して特定の業者に便宜を図るため官製談合や入札妨害をし業者から3回にわけてあわせて1300万円の賄賂を受け取った加重収賄の罪に問われています。

 このうち、市長として入札の執行に権限を持っていた藤原被告はおととしから去年にかけて下宮中継ポンプ場や大江浄水場などあわせて4ヵ所の電気設備工事の指名競争入札をめぐり、入札に参加する業者を入れ替えたり、工事の設計金額を教えるなどの不正な行為をしました。

 また、きょうは賄賂を渡した福岡市の「隔測計装」の社長ら3人も贈賄罪で起訴されています。

武田防衛副大臣、佐賀県にオスプレイ配備を要請
武田防衛副大臣、佐賀県にオスプレイ配備を要請
動画を再生[動画]

 自衛隊が導入を検討している新型輸送機オスプレイの佐賀空港への配備について、武田防衛副大臣がきょう佐賀県の古川知事に正式に要請しました。

 武田副大臣はきょう佐賀県庁を訪ね、「陸上自衛隊の水陸機動団のティルトローター機(オスプレイ)などの配備先としても、沖縄の負担軽減のためにも佐賀空港を利用させていただくことがベストであると」述べ、2018年度までに自衛隊が導入する予定のオスプレイの佐賀空港への配備を古川知事に要請しました。

 計画案では佐賀空港西側の用地を20ヘクタールから30ヘクタール取得し、オスプレイ17機とヘリコプターを合わせ最大で70機を駐機できる施設を整備するとしています。さらに、日米両政府が移転を目指している沖縄のアメリカ軍普天間基地のオスプレイについても移転先の工事が完成するまで佐賀空港の利用を検討するとしています。古川知事は「現時点での話を伺った」と述べるにとどまり、政府案への賛否については明らかにしませんでした。

オスプレイ配備計画に対して佐世保市長は
オスプレイ配備計画に対して佐世保市長は
動画を再生[動画]
佐賀空港に配備要請があったオスプレイは離島の防衛強化のため佐世保市に設置が計画されている「水陸機動団」の輸送手段となる見込みです。このため配備されればオスプレイが佐世保市などの上空を飛行する恐れが出てきますが、朝長市長は現段階で、抗議する考えはないとし、きょうの定例記者会見で「どの程度飛来するのかしないのか全く分からないわけですから、具体性があればその段階で検討し国に安全性をしっかりと質したい」と述べました。
南島原市 松本新市長の初登庁
南島原市 松本新市長の初登庁

おととい行われた南島原市の出直し市長選挙で、初当選を果たした松本政博さんが、けさ市役所に初登庁し、抱負を語りました。 

職員の拍手の中、南島原市役所に初登庁した新市長の松本政博さん(66)を、高田征一副市長が握手で迎え、職員から花束が手渡されました。松本さんは、市発注の公共工事を巡る官製談合事件で逮捕された現職市長の辞職に伴う出直し市長選で、入札制度の抜本的な改革を訴え、三つ巴の戦いを制して初当選しました。市長室のイスに腰掛け、報道陣から座り心地を聞かれた松本新市長は... 「大変なイスに座ったなと思う」松本新市長は、市の選挙管理委員会委員長から当選証書を受け取り、職員の前で初めて訓示に臨みました。「南島原市の未来と希望を、私と一緒に作りましょう」前の市長が逮捕・起訴されたあとの市長として、失墜した市政の信頼回復に向け、松本新市長の手腕が問われることになります。

特殊詐欺を防ごうと、諫早市で高齢者の自宅訪問
特殊詐欺を防ごうと、諫早市で高齢者の自宅訪問
動画を再生[動画]

 過去最悪の被害が出ている特殊詐欺などを防ごうと諫早市で行政と警察、それに地域が連携して高齢者の自宅訪問を始めました。詐欺に遭わないようお年寄りに直接、そしてより強く、注意を呼びかけます。

 特殊詐欺の被害を防ごうと高齢者が住む家を回るのは諫早市の担当者に警察官、それに地域の人です。この高齢者宅の訪問は市と警察の呼びかけで今月から新たに行うものできょうは9つの班に分かれて、諫早市永昌町と永昌東町に住む高齢者宅およそ90軒を回りました。この中で警察官などが「オレオレじゃないが、特殊詐欺といって警察を語ったりとか、そういうのがあるみたいだが、うてあわないで(=相手にしなくて)いいので」などと説明しました。

 県内では今年に入り特殊詐欺事件の被害は53件、被害総額は2億円を超える過去最悪の状況となっています。諫早市内でも昨年度、騙されて現金を振り込んだなど警察に8件の被害が届けられ、このうち4件は高齢者が被害に遭いました。

 特殊詐欺は一人で家にいる時間が長い高齢者が電話を受けて被害にあうケースが特に多いということで関係者は戸別訪問で直接、お年寄りと会って話すことでより強く注意喚起ができると期待しています。

松浦鉄道・列車事故 軽乗用車と接触
松浦鉄道・列車事故 軽乗用車と接触

きのう夜、佐世保市皆瀬町で、松浦鉄道の普通列車と、踏み切りを渡っていた軽乗用車が、接触する事故があり、車を運転していた少年が、軽いケガをしました。 

事故があったのは、佐世保市皆瀬町の皆瀬踏切です。警察によりますと、きのう午後10時ごろ、18歳の少年が運転する軽乗用車が、伊万里発 佐世保行きの松浦鉄道の1両編成の普通列車と、接触しました。列車には乗客は乗っておらず、乗務員にけがはありませんでした。軽乗用車を運転していた少年は、首に軽い捻挫をしました。この事故で、列車はおよそ2時間停止し、この後、踏切を通過する列車全てが運休しましたが、現在は、通常運行しています。現場は、遮断機と警報機が設置された踏み切りで、警察は、事故の詳しい原因を調べています。

波佐見町で重体事故
波佐見町で重体事故

きょう未明 東彼杵郡波佐見町で、ミニバイクを運転してた少年が、路上で血を流して倒れているのが見つかり、意識不明の重体です。 

警察によりますと、きょう午前2時ごろ、波佐見町の県道で、頭から血を流して倒れている18歳の少年を、通りかかった男性が発見し、110番通報しました。少年は、頭や全身を強く打っており、近くの病院に搬送されましたが、意識不明の重体だということです。現場は、片側1車線の直線道路で、少年は、自宅方向へ走っていたと見られており、警察は、少年が何らかの原因で転倒した事故と、他の車両がからんだ当て逃げ事件の両面で調べています。

Copyright 2010 Television Nagasaki Co.,Ltd. All rights reserved 記載事項の無断転載を禁じます。 © 株式会社テレビ長崎
KTNテレビ長崎  ニュース・天気