今日の天気

今日の天気

お問合わせ
サイトマップ
KTNニュース

特集(予告)

特報予告)国体・セーリングで優勝 原田小夜子選手
特報予告)国体・セーリングで優勝 原田小夜子選手
動画を再生[動画]
金曜日の特報は「ありがとうNagasakiDream」です。 長崎国体のセーリングで優勝した原田小夜子選手は地元に住みながらオリンピックを目指すことを決めました。

2014年10月23日のニュース

特殊詐欺を防げ!銀行で「声掛け訓練」
特殊詐欺を防げ!銀行で「声掛け訓練」
動画を再生[動画]

 特殊詐欺事件は手口が多様化し、今年に入り、9月までの被害総額は4億円を超えていて、過去最悪となっています。 きょう 長崎市の銀行では、特殊詐欺の被害を未然に防ごうと警察と金融機関による声掛け訓練がありました。

 十八銀行新大工町支店で行われた声掛け訓練には、市内の金融機関の窓口担当者など、およそ30人が参加しました。 今回の訓練は、「警察官や銀行協会を名乗る人物から預金を全額引き出すように指示された」という客が銀行を訪れた想定で行われました。客は、犯人から「銀行員には引き出す理由を話さないように」と言われていて、窓口担当者が四苦八苦する場面もありました。 十八銀行新大工町支店・平河邦明支店長代理は、「冷静に対応していくことによって、防ぐことによってお客様から、ああよかったと思われるように、していかないといけないのかなと思います」と語り、長崎警察署・生活安全課原野淸志課長は、「増加している特殊詐欺、撲滅に向けて警察、金融機関、連携してやっていきたい」と話していました。 県内の金融機関では不自然な理由で大金を引きおろそうとした人たちにアンケートを実施するなどして特殊詐欺の被害防止に務めています。

プロ野球ドラフト会議 県出身・江越が阪神3位指名
プロ野球ドラフト会議 県出身・江越が阪神3位指名

 プロ野球ドラフト会議が東京都内のホテルで行われ、海星高校出身の江越大賀選手が阪神に3位指名されました。

 プロ野球ドラフト会議は、きょう午後5時から東京都内のホテルで行われています。 阪神タイガースの3位指名を受けたのは海星高校出身の江越大賀外野手です。 江越選手は南島原市(旧西有家町)出身。 甲子園出場はないものの、高校時代からプロのスカウトに注目されていた逸材です。 現在は駒澤大学の4番バッターで、自慢の長打力のほか50メートル走5秒台の俊足や強肩が光ります。 東都リーグでは2度のベストナインに選出されました。 

イスラム圏の顧客獲得へ ビジネスセミナー
イスラム圏の顧客獲得へ ビジネスセミナー

 ターゲットは世界で16億人いるといわれるイスラム教徒です。 観光や輸出などイスラム教徒を対象にしたビジネスの可能性を探るセミナーが開かれました。 

 長崎市で開かれたセミナーには宿泊施設や製造業、空港の関係者など60人を超える参加者が集まりました。 長崎を訪れるイスラム教徒はまだ少ないものの、県は、近年、成長が著しいイスラム諸国の市場を開拓しようと、今年度から本格的に取り組んでいます。 セミナーでは、イスラム教徒が禁じられている豚やアルコールなどを使っていない証「ハラルマーク」をつけた商品を扱うことがビジネスチャンスに繋がると説明がありました。セミナー公益財団法人・九州経済調査協会 調査研究部松嶋慶祐 研究主査は、「商社もハラルという付加価値で物を売ろうとしている。長崎県が誇る産品も反応が良かったですし、展開によっては可能性があるのでは」と説明しました。 まずはハラルマークを表示した商品を直行便のある東京や大阪の空港などで土産物として販売したり、海外に輸出したりして販路拡大する方法などが紹介されました。 県文化観光物産局・松川久和局長は「特にASEAN諸国の中でインドネシア、マレーシアは成長性が高く、人口も多いのでこちらの富裕層やアッパー層(中間層)をぜひとも長崎にお呼びしたい」と話していました。 県内にもすでにカステラや塩のハラル商品を扱っている企業もあり、県は少しずつ受け入れ態勢を整えたいとしています。

長崎市で火事 倉庫が全焼
長崎市で火事 倉庫が全焼

きょう未明、長崎市で、倉庫2棟が全焼する火事がありましたが、けが人はいませんでした。 

火事があったのは、長崎市片淵5丁目の解体業・矢敷英次さん(58)が所有する倉庫です。警察などによりますと、きょう午前1時半ごろ、近くを通りかかった人が、倉庫が燃えていることに気づき、消防に通報しました。火は、およそ4時間後に消し止められましたが、1階が鉄筋で2、3階がプレハブの3階建て倉庫と、隣接する木造平屋の倉庫あわせて2棟が全焼しました。出火当時、倉庫には誰もおらず、けが人はいませんでした。この倉庫には、建築資材や解体業で使われる機材などが置いてあり、警察と消防は、けさから実況見分を行い、火事の原因を調べています。

長崎国体 撤去作業すすむ
長崎国体 撤去作業すすむ

長崎がんばらんば国体が、きのう閉幕しました。総合閉会式が行われた諫早市の会場では、撤去作業が進められています。 

長崎国体の総合閉会式が行われた諫早市の県立総合運動公園陸上競技場では、けさから、会場設備の撤去や、芝生の整備などの作業が、急ピッチで進められています。長崎国体は、大きなトラブルなども無く、きのう無事閉幕し、長崎県は、天皇杯1位、皇后杯で2位を獲得しました。作業している人は「大会が無事に終って良かった、特に天気にも恵まれて良かった」同じ会場では、来月1日に障害者のスポーツ大会「長崎がんばらんば大会」の開会式が行われることになっていて、炬火台などはそのまま残され、再利用されます。

椿油搾り始まる
椿油搾りり始まる

五島市で、特産の椿油を搾る作業が、始まりました。香ばしい琥珀色の油が、島に冬の訪れを告げています。

こちらは、五島市平蔵町の今村光次さんの製油所です。島でも自動化が進む中、唯一、昔ながらの機械を使って作業をしています。椿油は、古くから五島に自生するヤブツバキの種が原料で、製油所には、天日で乾燥させたものが持ち込まれます。これを砕いてセイロで蒸し、圧縮機で搾ります。 さらに、水分を抜き、ろ過して不純物を取り除くと、香ばしい琥珀色の椿油の出来上がりです。椿油は、古くから整髪料や食用油として用いられてきましたが、近年は、健康食品として人気が高まっています。椿油搾りの作業は、12月いっぱい続き、椿の木に囲まれた製油所から立ち上る煙は、島の冬の風物詩です。

Copyright 2010 Television Nagasaki Co.,Ltd. All rights reserved 記載事項の無断転載を禁じます。 © 株式会社テレビ長崎
KTNテレビ長崎  ニュース・天気